2005年03月31日

苗代川焼き

IMG_0010.JPG

今日は先日購入したこの焼酎用の杯で『芋』をいただいています。
たまにはこうゆう焼き物でいただくのもオツなものですね。

この「苗代川焼き」は鹿児島県産のものらしいのですが
詳しいことはわかりません。。。
しかしこのそば殻の色(?)がとてもキレイで気に入ってしまいました。
すぐに空いてしまうのが難点ですが♪
posted by imolog at 22:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 芋器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

牛乳焼酎!?

makibanoyume.JPG 『牛乳焼酎「牧場の夢」 熊本県 (資)大和一酒造元』

この牛乳焼酎「牧場の夢」は、牛乳と温泉水とお米の三つを同時に発酵させて造り上げた日本でただ一つの焼酎です。牛乳は、地域の酪農家から集めて搾りたての新鮮なもの。温泉水は、小社の蔵に湧く天然の弱アルカリ性重曹泉。これら二つと良質の米が、杜氏の技と心で一つになって、香りゆたかで健康的な焼酎へと変貌を遂げました。

ということで飲んでみると、たしかに吟醸酒のようなフルーティな香り(の中に牛乳を思わせる香りも・・・)と味わい、すっきりとした喉越しで焼酎とは思えないほどの爽やかさです。
牛乳が苦手な方には少々キツイかも知れませんが。。。

この焼酎は本日、箱に入ったまま知り合いから頂いたものですが、牛乳焼酎ということでもっと白にごりしていて牛乳臭いのかと思っていたのですが予想を裏切られました。
これはひょっとしたらクセになるかも!

たまには『芋』以外を味わってみるのもいいもんですね♪
posted by imolog at 22:52| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

薩摩くろ 七夕

IMG_0009.JPG 『薩摩くろ 七夕(たなばた) 鹿児島県 田崎酒造梶x

本日はこれです。
もちろん私好みの黒麹仕込みで、まろやかな口当たりとほのかな芋の香りを楽しむことができます。

この『薩摩七夕』には多くの焼酎と同じように、今回購入した黒麹仕込みとは別に白麹仕込みのものもあります。
その他にも貯蔵年数の違う(?)もう一種類の『七夕』があります。
同じ蔵元の同じブランドを呑み比べてみるのも楽しいかも知れませんね。
posted by imolog at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

伊佐美

05.3 (18).JPG

前の金錨を購入した酒屋に『伊佐美』の一升瓶が一本だけ置いてありました。
値段は写真でお分かりのように5,570円です。
インターネットオークションでもこれに近い金額で取引されているようですが私には購入する勇気がありませんでした。
とりあえず少しだけ味見をしてみたいとは思うのですが。。。

この世の中には非常にたくさんの『芋焼酎』がありますが、その中のあまり名の知られていないような『芋』にも『幻の焼酎』と言われるものに負けないくらい美味しい(私の口に合う)『芋』があるのではないかと思い、私は日々捜し求めているのです。

未だ『幻の焼酎』と言われるものを飲んだことはないのですが・・・わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
posted by imolog at 21:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金錨

IMG_0055.JPG 『金錨(かないかり) 鹿児島県 老松酒造梶x

今回はこの青く綺麗なビンに惹かれて購入しました。
「もろみを蒸留後、タンクで貯蔵熟成させた黒麹仕込みの芋焼酎です」
と説明に書いてあるのですが、私が飲んでみたところ口に含んだ瞬間にもろみ(?)の酸味が効いていてあまり芋のクセは感じません。
私の感覚では芋焼酎らしくない『芋』ですね。
posted by imolog at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

大人の遠足

サクラの開花も近づきそろそろ花見の季節。
花見といえば例年焼肉とビールというお決まりのコースなのだが
今年はどーやら『芋』を持ち込んでしまいそうな勢いだ。

どんな『芋』を持っていこうか今からワクワクしながら考えている。。。
これって子供が遠足に行くときの気持ち!?
posted by imolog at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

オヤジ

最近、仕事が終わって家に帰り『芋』を飲むのが楽しみになってきた。
これって酔っ払いオヤジの仲間入り??
たしかにオヤジではあるが。。。
posted by imolog at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

いも麹 芋

IMG_0034.JPG 『いも麹 芋 鹿児島県 国分酒造協業組合』

やっと手に入れることができました。
芋麹とさつまいもという芋100%で作られた『いも麹 芋』です。

味のほうは名前から想像するより芋臭くありません。
しっかりとした味わいで力強い感じです。
・・・とまぁ表現力に乏しい私の意見ですので分かりづらいかと思いますが、実際に飲んで試されるのが一番の早道だと思います。

今日はこの『芋』をじっくり味わいたいと思います。
posted by imolog at 23:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現在の悩み

携帯から投稿するとどーも写真が荒くて汚い。
もっと画質を上げて撮影するとブログの枠からはみ出してしまうし。。。

携帯からの投稿でも画像をサムネイル形式で表示してくれると撮影画質を上げられるのだが、これはサーバーの問題だからここでどーこー言ってもしょうがないな。

これからもちょくちょく荒い写真があるかと思いますが懲りずに見てやってください♪
posted by imolog at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

今日の芋グラス

image/imolog-2005-03-21T22:57:55-1.jpg

今日はこのグラスで飲んでいます。
大きさは前回ご紹介したグラスと同じくらいで私にはちょうどよいサイズです。

今回のような連休には何杯もオカワリしてしまいますが。。。
posted by imolog at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 芋器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

黒甕終了!

image/imolog-2005-03-20T23:20:11-1.jpg

独りでチビチビやっていたのですが、まろやかな口当たりと芳醇な喉越しであまりの飲みやすさにとうとう飲み干してしまいました。

今回はちょっとペースが早いかな。。。
posted by imolog at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

黒甕(くろかめ)

image/imolog-2005-03-19T22:56:27-1.jpg 『黒甕 鹿児島県 神酒造梶x

本日、とある酒屋で仕入れてまいりました。

その名のとおり黒麹のカメ仕込みで、まろやかな口当たりとしっかりした芋の味が出ていて飲みやすいものになっています。
この連休で空けてしまいそう。。。

ところでそのとある酒屋なのですが、そこにあの有名な『森伊蔵』や『きろく』、『大魔王』などが置いてありました。

さすがに『森伊蔵』や『きろく』は値段が高くて(『森伊蔵』はなんと40,000円だそうです!)手が出なかったのですが、『大魔王』には720mlの箱が一本だけ残っており値段も1,500円程度と手ごろなので買おうと思い箱を持ち上げてみると中身が空っぽ…念のために店員に聞くとやはり「売り切れ」とのこと。

せっかくその気になったのに残念!!
ということで『黒甕』を購入したのでした。

結果的には正解!?
posted by imolog at 22:56| Comment(6) | TrackBack(1) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カガミクリスタル

IMG_0035.JPG 『カガミクリスタル』

妹のコネで私の『芋グッズ』にコレクションが増えました。
写真でお分かりかと思いますが、左のお猪口と比べると非常にこじんまりとした大きさで『芋』をストレートでいただくにはちょうどよいサイズです。

あとで聞いたのですがカガミクリスタルの江戸切子は高級品で、このグラスで一つ7千円ほどするそうです!!
「もったいねぇ〜!」
『芋』が何本買えることやら。。。

まぁしかし頂き物なので気にせず『芋』を入れてチビチビやりたいと思います♪
posted by imolog at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

小牧

IMG_0032.JPG 『小牧 鹿児島県 小牧醸造梶x

新しい一本を仕入れました。
今回は趣向を変えて名の通ったものを買ってみました。
一応メジャーなところの味見もしておかないとね♪

ということでお味のほうは・・・
黒麹仕込みということでしっかりしたコクのある芋の味や香りはしていますが
非常に切れのよい感じです。
甘党の私としてはもう少し芳醇なほうが好みなのですが。。。
『芋』通の方にはしっかりとした味わいで楽しめるのかもしれませんね。
posted by imolog at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

他力本願

今日、実家が酒屋を営んでいる知り合いに芋焼酎のことを話してみた。

どーやら今のところは芋焼酎を置いていないらしいが問屋にあれば取り寄せできるとのこと。
とりあえずどんな銘柄があるのか調べておいてもらうよう頼んでおいた。

自分の足でいろんな酒屋に出向いて試飲などしながら『芋』を選ぶのも楽しいが、ときにはこんな風に行き当たりばったりで『芋』を買ってみるのも面白いかなと思う。

posted by imolog at 15:14| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

焼酎の疑問

居酒屋などで焼酎を(グラスで)注文するとき、私はいつもストレートを注文します。
友人などは大抵ロックかお湯割りで飲んでいますが、そのロックについての疑問です。

私がストレートを注文するといつもグラスに並々と入れてくれるのですが、ロックの場合は氷が入っている分、焼酎の量が少ないように感じます。
それでいつも私は得をした気分になっているのですが、これは私の気のせいでしょうか?
ストレートの場合は小さめのグラスに入れてロックの場合は大きなグラスに入れているとか??

最近はあまり外に飲みに出かける機会がないので詳しく確認できないままなのですが。。。
posted by imolog at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

いも麹 芋

NEC_0017.JPG

やはり今夜も飲んでしまう。。。

ところで写真は先月、岐阜で飲み歩いた際にいただいた『いも麹 芋』だ。
この『いも麹 芋』をいただいた時にはすでにかなり飲んでいたため、あまり味を覚えていないというのが正直なところだ。

もう一度飲みたいと思い、ネットで検索してみたがなかなかヒットしなかった。
で、ようやく見つけた情報が「すべて手作りのため生産量が限られてしまうので決まった酒屋にしか卸していない。蔵元直接の販売はしておらず、問い合わせをしても取引のある酒屋を紹介してくれるだけ。」というものだった。

そー言われるとどーしても飲みたくなるのが人情だ。
『なんとか自分で探し出して手に入れよう』
と今日も一杯飲みながら自分に誓った。
posted by imolog at 23:16| Comment(0) | TrackBack(3) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼酎やめますか?

まだ声が出ない。

耳鼻咽喉科に行って「声帯の炎症」という診断を受けたあと、薬をもらって飲みながら夜には相変わらず『芋』を味わっている。
飲み物は食道を通るから声帯には影響がないだろうと毎晩『芋』を飲んでいたのだが、その飲んでいる最中にもよく咳が出ていた。

やはりアルコールは炎症に良くないのかな?
明日からまた仕事が始まるから無理にでも声を出さないといけない。
今日一日『芋』をやめたら明日には声が出るようになるのか??

さぁ今日の『芋』はどーしよう。。。
posted by imolog at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

黒雫

kuroshizuku.JPG 『黒雫(クロシズク) 宮崎県 明石酒造梶x

次の『芋』を仕入れてまいりました。
この『芋』は、私が現在のところ一番気に入っている『黒帥』にビンの形が非常に似ていると感じて手にとって見たところ、同じ明石酒造鰍フ製品であるので「間違いない!」と思い購入しました。

実際に飲んでみると『黒帥』とは味がまったく違い、あまり芋臭さがなくスッキリとした味わいではありますが少々辛口でした。
こちらはストレートで飲むよりロックまたはお湯割りのほうが味わい深いのかも知れません。

posted by imolog at 23:24| Comment(4) | TrackBack(1) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

今、何杯目?

image/imolog-2005-03-11T23:56:39-1.jpg

最近のお気に入りはこのグラスだ。

説明書を見ると『泡盛』用のグラスらしいが、非常に手にシックリと馴染みグラスを持つのが楽しくなる。

あと最近感じたのだが『芋』を飲むグラスは縁が薄いほうが美味しくいただける。…ような気がする。

そーゆー点でもこのグラスは気に入っている。

「もう何杯目だろう。。。」
posted by imolog at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。