2005年05月31日

三岳&きろく

下の記事にはまだ続きが。。。

日曜の長い昼食会が終わったあと、「そろそろ居酒屋も開く時間♪」ということで今度は晩餐会を開くことになった。
そこで友人行きつけの居酒屋『味庵』へ。

DSC00062.JPG

『味庵』へ着くと、やはりまずはこれを飲まずにはいられない。
真っ先に「三岳!」と注文し、念願の『三岳』を口に運ぶ。
一口飲むと非常にやわらかく喉越しが優しい。
「あぁ〜美味い!!」

DSC00061.JPG

『三岳 鹿児島県 三岳酒造梶x


今まで他で飲んでいたことも忘れてグイグイいってしまう。
そこに友人の親戚なる人も加わり話が盛り上がっていく。
で、ここ『味庵』に来ると何故か私の記憶が薄らいでゆくのであった。。。
店の雰囲気、マスターの人柄がそうさせるのだろう。
心地よい気分のまま次は『きろく』を頼んだようだ。
というかマスターが私たちのために出してくれたのか?
その辺の記憶は定かではない。

DSC00063.JPG

『きろく無濾過 宮崎県 (資)黒木本店』


そうゆうわけで画像は残っているのだが記憶が残っていないので寸評が出てこない。

「あ〜また次に来たときは真っ先に『きろく』を注文せねば。。。」
posted by imolog at 18:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

問わず語らず名も無き焼酎

昨日は仕事関係の行事があり、朝から何人かで集まっていたのだが
その行事が午前中で終わったため皆で昼食を取ることになった。

そこでよく冷えた生ビールをいただきながらメニューを見ていると『芋』が置いてあるのを発見!
それがこの『問わず語らず名も無き焼酎』という長い名前の『芋』だ。

DSC00057.JPG

『問わず語らず名も無き焼酎 鹿児島県 拒蜴R甚七商店』


この『芋』は説明書きを見てみると「製造方法などすべて秘密の焼酎」とあり、そう書かれると飲みたくなるのが人情。
とりあえず味見ということで1杯頼んだのだが、芋の匂いもあまり感じずスッキリとした喉越しで非常に飲みやすかった。

写真を撮るため瓶を手元に置いて皆で飲んでいると「どうせならキープしておけば?」という意見が出たためその一升瓶ごとキープすることに。
で、量を気にせず飲めるようになったとたん皆の(といっても飲んでいるのは3人だが)ペースが上がり、昼食会だったことも忘れて夕方まで飲んだくれてしまった。
そうこうしているうちにキープしたハズの『問わず語らず名も無き焼酎』もすっかり空いてしまったので長い昼食会はとうとうお開きになった。

DSC00059.JPG

それにしても飲みやすかった♪
ごちそうさま。。。
posted by imolog at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

W明月黒麹

DSC00030.JPG

下の記事で書いたように本日、妻に近所の酒屋に偵察に行ってもらいました。

実は妻は昨日から何故か機嫌が悪く(あの日??)今朝もほとんど口を聞いていない状態だったのですが、その妻が私のために『芋』を買ってきてくれたのです!
それも2回も!!(?)

最初朝一番に行ったときに『伊佐美』があまりに高価だったため、直感で『小鶴くろ』を買ってくれたらしいのですが、自宅に戻って私のコレクション(?)を見てビックリ!?
同じ『小鶴くろ』が並んでいるではありませんか!
そこで「これではいけない」と思った妻が酒屋に電話をして交換してもらうことに。
で、次に行ったときに私が好きな「明石酒造梶vの『芋』を見つけたので迷わず決定!
そのまま自宅に帰って2度目のショックが。。。

それが写真の『明月黒麹』なのです。
さすがに2度も交換してもらうのは気が引けたので妻は諦めたようです。

仕事から帰ってそれに気付くまでかなり時間がかかりましたが
同じ瓶が2本あるのを見た私は上のような経緯を聞いて感動!!

今は泣きながらもうやだ〜(悲しい顔)『明月黒麹』を飲んでいます。(笑)
posted by imolog at 19:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊佐美

今、仕事をサボって記事を書いています♪

今朝の朝刊に近所の酒屋の広告が入っていたので見てみると伊佐美の写真が載っていました。
これはチェックしなければ!と思い(私は仕事なので)妻に頼んで偵察に行ってもらった。
するとやはりプレミア焼酎だけあって9,800円という値段がついていた。
これは高い爆弾

もちろん諦めました。。。
posted by imolog at 16:16| Comment(3) | TrackBack(1) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

角玉

kakutama.JPG

『角玉 鹿児島県 牛イ多宗二商店』


買ってみました!
私にしてみれば一升瓶第2弾!!
あの『晴耕雨読』で有名な佐多宗二商店さんの『角玉』です。

私は「生」でいただいていますが、飲んでみるとしっかりとした口当たりの中に香ばしい芋の香りが漂います。
この『角玉』は私の得意な黒麹仕込みで、湯割りにするともっと香りが立って『芋』の味を堪能できるのではないかと感じました。
早くジョカを手に入れないと♪

すでに酔い気味なので味覚と文章にあまり自信がありません。。。
posted by imolog at 19:09| Comment(7) | TrackBack(1) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

芋と音楽

journey.jpg

今日はずいぶん前から飲み続けている。
久しぶりに音楽を聴きながら。
といってもコンポは寝室にあるので、このパソコンで私一人『芋』を口にしながら昔から大好きなJOURNEYを聴いている。
さすがに音質はイマイチだが、映像と音楽と『芋』ですっかりいい気分だ。
『芋』もついつい進んでしまう。

学生時代にはよく聴いたっけ。。。
今日はなんとなくセンチな気分♪
posted by imolog at 00:37| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

いいちこ

image/imolog-2005-05-22T07:09:01-1.jpg

昨日は仕事関係の総会があり、そのあと懇親会ということで料理をいただいた。

そこで「今日はどんな『芋』が飲めるかな♪」と楽しみにしていたのですが、結局『芋』は置いてなかった。。。

posted by imolog at 07:09| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月20日

黒伊佐錦

kuro_isanishiki.JPG

『黒伊佐錦 鹿児島県 大口酒造協業組合』


久々に新しい『芋』が手に入りました。
今回は知り合いの酒屋さん(の娘さん黒ハート)に頼んで仕入れてもらいました。
お店の宣伝もしておいた方がいいのかな??

この『黒伊佐錦』は芋焼酎の中でもメジャーな部類に入るかと思いますが、私は初めていただきます。
最初の口当たりはしっかりとしていて、それでいてほんのりとした甘みがあるのはさすが黒麹といった感じです。
芋焼酎に慣れた方には非常に飲みやすい味ですね。

私はいつものように「生」でいただいていますが、裏書にある「おいしい飲み方」には
「お湯4をグラス等に注いだ後、この黒伊佐錦を6注いでください。」
と書かれています。
湯割りだと芋の香りが立ち、さらに美味しさが増すのでしょうね♪

そうこう言って味見をしながらこの文章を書いている間にどんどん『黒伊佐錦』が減っていきます。
今回は珍しく一升瓶を仕入れたのですが、この調子ではアッという間に無くなってしまいそうです。

まだ日が高いのに危ない危ない。。。
posted by imolog at 18:21| Comment(5) | TrackBack(3) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

夜空と芋

camp.jpg

近々キャンプに行こうと思っている。
娘たちを連れて初めてのキャンプだ。
テントの中で過ごす一夜がどれだけ楽しいか、娘たちがどれだけ喜んでくれるか非常に楽しみだ。

それと私にはもう一つ楽しみがある。
そう、『芋』だ。
星が瞬く夜空を眺めながら、やわらかなランプの灯りのもとで飲む『芋』がどれだけ美味しいのか。。。
考えただけでワクワクする♪

そんなことを想像しながら今日も独りで『芋』を味わっている。
posted by imolog at 19:07| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

今日の芋器

imo_g.jpg

今日はこの器で呑みます。

これは何年か前に夫婦で金沢に旅行に行ったときに購入したもので、猪口サイズで黒と紫の色合いが非常に『芋』っぽく美しい器です。
ふつう金沢といえば九谷焼ですが、なぜか私も妻も九谷焼を買わずにその他の質素な焼き物を買っていました。
九谷焼の派手さが私たちの好みに合わなかったんでしょうね〜
posted by imolog at 17:33| Comment(5) | TrackBack(1) | 芋器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

フランボアーズソーダ

image/imolog-2005-05-14T22:31:40-1.jpg

一昨日は喉の調子が悪かったこともあって禁酒日となった。
そこで昨日は久しぶりに外で飲むことに。

「橋もとや」という小洒落た居酒屋に立ち寄りメニューを見てみると、何種類かの『芋』が置いてあった。
その中から『芋』を一種類と『米』を一種類飲んだのだが、不覚にも(読んで字の如く)銘柄をすっかり忘れてしまった…
今回は何故かそれよりもカクテルが気になってしまって覚えているのはカクテルだけなので、記憶が飛んでしまう前にご紹介しようと思う。

で、今回飲んだのがこの『フランボアーズソーダ』だ。
メニューに「ちょっとアダルトな木イチゴのカクテル」とあり、そのうたい文句に魅かれて飲んでみた。
味はというとアッサリとした木イチゴの風味があるが、ソーダと相まって非常にソフトドリンクな飲み物であった。

やはり私には『芋』が合っている!?
posted by imolog at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

小鶴くろロック

w_rock.JPG

今日のロックは『小鶴くろ』です。

非常にサラリと飲みやすいのですが、ストレートに慣れている私にとっては何か物足りません。。。
しかしこれだけ暑いとロックは美味しい。
懐かしいウィンナーソーセージをつまみつつ、これから徐々にストレートに近づけていきたいと思います♪
posted by imolog at 18:18| Comment(3) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

リベンジならず!

ajian.JPG

今日は久々にお誘いがあった♪
しかし私の体調が未だ優れないのでお断りしてしまった。

あぁ〜前回眠ってしまったリベンジをしたかったのだが。。。

三岳が呼んでいる〜!
posted by imolog at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

さつまおごじょ湯割

s_yuwari.JPG

先日からどうも風邪気味で喉の調子がよくない。
以前は滅多に風邪などひかない体質だったのだが、子供ができてからは結構風邪の菌に冒されるようになった。
やはり自分中心の生活がなかなかできないせいだろう。

こんな日は喉に優しく(?)湯割りにしてみた。
今日は『さつまおごじょ』だ。
この『さつまおごじょ』、湯割りにすると非常にアッサリとした印象になる。
もちろん割合によるのだろうが、私の場合7:3くらいだと思う。
芋の香りは湯気とともにプ〜ンと鼻をついてくるが、口に入れるとウソのように軽やかだ。
これは喉にも良さそう♪

けっきょく何かと理由をつけて今日も『芋』を楽しむ。
posted by imolog at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月08日

明月湯割

m_yuwari.JPG

今日は『明月 黒麹仕込み』を湯割りで味わってみた。
見た目は湯割りっぽくないが確かに湯割りである。

湯割りにするとさすがに芋の香りが心地よく漂ってくる。
一口含んでみると『明月』の香ばしさが倍増されていることに気づく。
それとともに少々苦味が増したような感覚だ。
しかし後味はスッキリと非常に飲みやすい。

今日はこのまま酔魔に襲われそうだ。。。
posted by imolog at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

明月 黒麹仕込み

meigetsu_kuro.JPG

『明月 黒麹仕込み 宮崎県 明石酒造梶x


明石酒造シリーズ第5弾!
今回は明石酒造さんの代表銘柄『明月』をご紹介します。

この『明月 黒麹仕込み』は、宮崎県えびの高原の原生林を伏流する清水で仕込み醸造されているということで、まろやかな口当たりの中に透き通った味わい、ほのかに感じる芋の香ばしさとコクでとても飲みやすい焼酎に仕上がっています。

蔵元お勧めの飲み方は7:3または6:4のお湯割りなのですが、私は相変わらずストレートでいただきます。
しかし、あまりの美味しさに肴がなくてもついついお代わりを。。。

「あぁ〜また酔ってしまう♪」
posted by imolog at 17:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

朝掘り仕込み 小鶴くろ

koduru_kuro.JPG

『朝掘り仕込み 小鶴くろ 鹿児島県 小正醸造梶x


やっと自宅に戻って参りました。
で、さっそくですが新しく入りました『芋』をご紹介します。

この『小鶴くろ』は現在、大阪市内において開催されている「食博覧会」の中の「焼酎街道」というところで仕入れてきたものです。
といっても私が行ったのではなく、妹が出向いて私のためにこれを買ってきてくれました。

さすがに私の好みを知っている妹だけあってこの『小鶴くろ』は旨い!!
「日吉町吉利の生産農家の方々が早朝よりすこしでも新鮮なうちにと朝掘りされたさつま芋(コガネセンガン)を原料に、シラス台地に磨かれた自然の地下水と黒麹を使用し、独自の手法で醸し出されたもろみを単式蒸留機で蒸留しました。新鮮な原料芋の持ち味を充分に堪能していただける朝掘りいもで仕込んだ『小鶴くろ』です。」
と裏書に書かれている通り、口に含んだ瞬間に広がる芳醇な芋の香りと優しい喉越しで、かといって甘すぎずしっかりとした芋の味を持っていて「これは旨い!」とうならせる1本です。

この朝掘り仕込みはこの辺りの酒屋には置いていないらしい(妹が聞いてきた話では)のですが、インターネットでも取り寄せできるようなのでご紹介しておきます。
http://www.komasa.co.jp
posted by imolog at 23:27| Comment(2) | TrackBack(1) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

貴匠蔵終了!

image/imolog-2005-05-04T19:02:59-1.jpg

今日で空きました。
5日間で900ml、ちょうどゴールデンウイークを楽しむことができました。

一日180mlですが、この暑い連休中に麦酒の合間に飲んでのペースですからまずまずですね♪

明日からまた違う『芋』を楽しみたいと思います。

それにしてもこの『貴匠蔵』、非常に飲みやすかったです。
posted by imolog at 19:02| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

これから。。。

今回は『芋』のペースが遅い。

今飲んでいる『貴匠蔵』が美味しくないというわけではない。
これだけ暑くなるとついつい麦酒のほうに走ってしまう。

今日も良い天気のなか、子供たちと朝から公園で遊んでいた。
さすがに3時頃まで遊んでいると日焼け止めを塗った身体でさえ日に焼けた。
それから家に帰るとどうしても冷えた麦酒に手が伸びて。。。
結局夕飯が終わる頃には3本空けていた。

ということで涼しくなったこれから『芋』を楽しもうと思う♪

posted by imolog at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

芋ソフト

今日、とあるショッピングセンターに行って昼食をとった。
そこで『芋』を見つけた!
といっても焼酎ではなくソフトクリームだ。

色は赤紫でいかにも芋!という感じ。
食べてみると芋らしいほんのりと甘い香りが口の中に広がる。
これは芋焼酎を飲んだときに感じるうまみに似ている。

ちょっと得をした気分だった。

posted by imolog at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。