2005年08月31日

相性は?

私「おはよー」
嫁「おはよー」

今朝は無事に一日が始まった。
昨夜の私の一言「ゴメンな」が効いていたらしい。
これで今日も一日安心して仕事に打ち込める。
しかしこのまま終わってしまっては
「心にわだかまりが残ってしまうかもしれない」
と思った私は、仕事が終わってからある物を買って帰った。
それがこれだ♪

IMG_0055.JPG

これを見た嫁は
「どうしたん?」
と聞くので私は
「機嫌取り」
と正直に答えた。
嫁は嬉しそうに笑っていた。
(大成功♪)

嫁と娘たちは食後のデザートとして、私は焼酎の肴としてケーキをいただいた。

焼酎とケーキの相性は?

聞かないでください。。。
posted by imolog at 01:18| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

「ゴメンな」

IMG_0047.JPG

今日は自棄酒である。
先ほど、子供を寝かす寝かさないで嫁と喧嘩になった。

今日はいつになく子供たちの寝つきが悪かった。
遅くまで昼寝をしていたせいもあるのだろうか。
そんな子供たちに付き合って電気を消した中
ひたすら寝付くのを待つというのがどれだけツライことか。
いつも私のほうが先に眠ってしまうのである。

今日は特に寝つきが悪かったので
「このままでは確実に私のほうが眠ってしまう!」
と思った私は、子供たちが寝付く前にそそくさと部屋を出て行った。

するとどうだろう。
案の定子供たちもムクムクと起きだしてきて騒いでるではないか!?
遠くで嫁の叫ぶ声が聞こえる。
(決して家が広いワケではないが)
私は無視して違う部屋に籠もっていた。
そしてとうとう怒りの矛先が私に回ってきた。

ガラッ!
「私一人に押し付けないでよ(怒)!!!」
ピシャンッ!!

火がついてしまった・・・

その後大声での口論となり、子供たちが泣きじゃくる中熱い(?)空気が流れた。
そして何やかんやと文句を言いながら子供たちを寝かしつけたのであった。

ということで今は独り自棄酒(?)を浴びている。
といっても私の中ではすっかり熱も冷めているのだが。。。
子供の寝顔というのは不思議なものである。
どんなにカッカしていてもそれを静めてくれる力を持っている。

「ゴメンな」

最後に部屋を出るとき眠っている嫁に向かって声をかけたのだが
明日の朝はどうなることやら。。。

自然の流れに身を任せよう♪


posted by imolog at 00:23| Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

ポカワリ

「ない!」

冷蔵庫を開けてみたのだが、あったハズのビールがないではないか!?
盆休みの里帰りから調子にのって浴びるようにビールを飲んでいたのが祟って、我が家の在庫もすっかり飲み干してしまったようだ。
いくら外は秋の気配が漂って涼しいとはいえ、我が家には熱気が籠もっている。
午前中天気の良かった今日、子供たちとプールに行って日に焼けたのも原因かも知れない。
無性にビールが飲みたかった。
しかし、ないものはないのだ。
今さらコンビニなどへ出かけるのもメンドクサイ。
これは何とかしてクールダウンしなければ!

そこで考えたのがこれ。

IMG_0044.JPG

芋焼酎のポカリ割である♪

最初は少々抵抗があったのだが、今現在自宅にあるもので爽やか(?)飲料を作ろうと思えばこれしかなかった。

『木挽』をグラスに入れ、その上から同量のポカリを注ぐ。
最後に氷を浮かべてできあがり♪
香りはというと、微かなポカリの香りの中に違和感のある芋が少し顔を覗かせている。
氷の揺れる音を聴きながら恐る恐る口に運ぶと、例のポカリ独特の味の裏に意外にも芋の香ばしさが巧くマッチしているではないか!?

「これはイケル!!」

芋焼酎を湯で割ったことはあるが、それ以外のもので割ったのは私も初めてだった。
芋中毒になってから私は基本的に生党なので、今までは割ることすら考えなかったのだ。
これは今日、考え直すことになりそうだ。

男なのだから(?)たまには冒険もしてみよう。
posted by imolog at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鏡月

はも鍋。

今日の会議のあと懇親会が開かれ、はも鍋を食べることになった。

広間に入るとテーブルに鍋が用意されている。

まるで忘年会か新年会のような雰囲気だ。

汗ばむ季節であることを忘れさせてくれる鍋の列。

しかも目の前には手のこんだ料理が並んでいる。

DSC00236.JPG

肝心のはも鍋の写真を撮るのを忘れて食べることに集中してしまった。。。

最後はソーメンを鍋に入れていただく。

非常にサッパリしていて美味しい。

で、楽しみの芋焼酎だが、残念ながらこの料亭には置いていないらしい。

すっかり料理もなくなったところでここはお開きに。


次に向かったのはスナック。

もちろん芋焼酎などあるわけもなく、諦めて韓国焼酎を飲んだ。

それがこの韓国麦焼酎『鏡月』20度である。

DSC00237.JPG

しかし度数が低いせいか、あまり味を感じない。

酔っているのか??

いや、まだそれはない。

酔わないし味もわからないうちにボトルが空いてしまったのでこの店も出て本当のお開きになった。


どうも物足りなかった私は今、自宅に帰って『南の夢』を飲みながらキーボードを叩いているのである。

やっぱり芋焼酎は旨い!!

DSC00238.JPG

posted by imolog at 01:53| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

ハマってる!?

クヤシイィ〜!!


私は最近ハマっているものがある。
芋焼酎とはまったく関係ないのだが、

「韓流ブーム」

なのである。


ある日の夜、テレビの点いた部屋で子供たちと遊んでいた。
何かやってないかとチャンネルを替えていると、ふとドキュメンタリーともドラマともわからない料理番組が目についた。
他には特に面白い番組もなかったのでそのままにしておいた。
最初は何気なく横目で見ていたのだが、そのうち「どうやらドラマらしい」というのがわかった。
それはBS2で放送されている

『チャングムの誓い』

という韓国ドラマだった。


ストーリーは割愛するがこの『チャングムの誓い』は毎回ハラハラする設定になっていて、初めて見た私もスッカリ虜になってしまった。

今はかなりストーリーも進んでいて終わりも近いのかな?という感じだが、そのせいもあって目が離せないのだ。


昨夜がその放送日だったのだが、昨夜は子供たちがちょうど寝付きかけていたのでテレビを点けることができず、ビデオデッキにはBSチューナーが付いていないので録画することもできずに泣く泣く見るのを諦めたのである。

クヤシイィ〜!!


今のところ再放送はないしDVDも出ていないのでどうすることもできない。

途中を飛ばして見るのは私の性格が許さないし。。。

いっそのこと今後見るのを止めてしまおうか?

さぁどーしたものか。。。

悩んでいる今日この頃である。


posted by imolog at 12:02| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

沖縄風?

今日のおかずはこれ。

DSC00213.JPG

一瞬見た感じは「ゴーヤ・チャンプルー」に見えるのだが。。。

実は「ゴーヤ・チャンプルー」ならぬ「ゴーヤの卵とじ」なのである。

しかも実に塩味が効いていてゴーヤの辛さがわからないほどだ(汗)


ゴーヤとくれば「泡盛」といきたいところだが、あいにく私の家には「泡盛」がないのでこちらも「泡盛もどき」を用意した。

といってもラベルの色が賑やかというだけだが。。。

まぁしかし「ゴーヤ」と「芋焼酎」も合わないこともない♪
posted by imolog at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

これぞ自然流!?

DSC00212.JPG

どうやら台風が来ているようだ。

しかも非常に強い台風らしい。

一つは太平洋側を逸れて行っているようだが、並走している11号がここ近畿地方に接近している。

このままでは直撃を受けそうだ。

早ければ明日の夜にも上陸する。

何事もなければいいが、やはり何か備えておくべきか?

のんびり芋焼酎など飲んでいる場合ではないかもしれない。。。
posted by imolog at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

短い夏

今日は昨日までとは打って変わって青い空が広がった。
仕事が終わって外に出ると、日中の暑さが嘘のような爽やかな空気が流れている。
秋を思わせる空気だ。
お盆を過ぎるとこんなに気候が変わるものなのか・・・

日本には四季がある。
四季にはそれぞれの景色があり、その季節独特の良さがある。
小さい頃は長い夏休みがあって夏といえば長いものだと思っていた。
しかしこの歳になると一年があっという間に過ぎてしまう。
夏にしてもそうだ。

「短い夏」

という感じがしてならない。
そう思えば思うほど秋を感じると儚い気持ちになる。

今日はそんな儚い夏を思い、まずは冷たいビールをグイっといただく。
コクと深みを感じる味わいの「サントリー プレミアム・モルツ」である。
その後は『南の夢』をロックで。

DSC00211.JPG

ヒンヤリした空気と喉を潤すヒンヤリした芋。

芋にも四季それぞれの味わいがある。


posted by imolog at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

後片付け

楽しかったキャンプも終わり、程よい疲れと思い出だけが残った。

IMG_0079.JPG

今日は朝早くから結構な雨に見舞われたが、びしょ濡れになりながらも何とか順調に撤収して帰路についた。

しかし雨のキャンプの後はやる事が多い。

濡れた道具の手入れや乾燥をしなければならないのだ。

DSC00210.JPG

眠気に襲われる瞼を『芋』で活気付けながら今日も頑張る。

疲れのせいか言葉少なだが。。。
posted by imolog at 23:49| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

キャンプの夜

image/imolog-2005-08-20T22:49:42-1.jpg

今日はキャンプの夜だ。

ということで盆を過ぎて人が少なくなったキャンプで独り静かに芋焼酎をいただいている。

『おかがいも』だ。

自宅と比べると随分涼しいが今日はロックで飲んでいる。

旨い!
posted by imolog at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

本坊酒造

立秋が過ぎ、夕方になるとすっかり秋の空が広がるようになった。
それに私の体も敏感に秋を感じとっているようだ。
それは、今までは仕事から帰ると早くビールを飲みたいという気分だったのだが、最近では芋焼酎のコクが恋しく思えるようになったのだ。

そこで今日はコッテリとした芋焼酎を味わえる黒麹の『古甕黒麹』にしてみた。
もちろん「生」である。

DSC00206.JPG

鼻をつく香ばしい香り。

一口飲んでも口いっぱいに広がる香ばしさとコクのある甘さ。

「う〜ん、いつ飲んでも旨い!!」

この『古甕黒麹』を飲んで、すっかり本坊酒造のファンになってしまった。
posted by imolog at 23:48| Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

湯割りの季節

短い盆休みもアッという間に終わり通常の日々が始まった。

そんな今日は午後からまとまった雨が降り、太陽に熱せられた地面も潤いを取り戻した。

家の中には熱気が籠もっているが、窓から流れてくる自然の風はヒンヤリ落ち着いて心地よい。

「よし!湯割りだ!!」

DSC00205.JPG

ほんのり甘い香りが湯気とともに立ち上ってくる。

その甘さを鼻で感じつつ口に含むとフルーティで軽い味わい、舌の奥では鼻で感じた甘さと同調するかのような微かな甘みを感じることができる。

そして喉越しはカラッと切れ味良く後味もスッキリだ。

やはりこの『自然流』は湯割りが旨さを引き出してくれる。

特にこれからの秋口、虫の声を聴きながらアッサリした肴で飲むと最高だろう。

また芋焼酎の旨い季節がやってくる♪
posted by imolog at 23:21| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

自然流

image/imolog-2005-08-15T22:25:31-1.jpg

『自然流(しぜんりゅう) 鹿児島県 丸西焼酎』


ふと立ち寄った酒屋で目に入った焼酎。

瓶に貼ってある「小さな小さな蔵元で一生懸命に造った焼酎です」という表書きのラベルと「超限定品」の札に心惹かれた私は迷わず手に取った。

栓を取ってみると微かな香りが感じられる。
あまり強くない香りだ。

舌触りも軽く、甘味とコクを残しながら喉の奥に消えていく。

白麹らしいアッサリした飲み口だ。

その名のとおり自然の流れ、自然な流れを感じる焼酎だが、自然に逆らって湯割りで飲んだほうが旨味が増しそうな一本である。
posted by imolog at 22:25| Comment(2) | TrackBack(1) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

夏祭り

image/imolog-2005-08-14T23:27:44-1.jpg

今、妻の実家へ里帰りしている。
そこで毎年小さな夏祭りが行なわれる。
今日がその夏祭りの日だ。
私も娘たちを連れて出掛けた。

見るとご近所の方ばかりだ。
といっても私は面識があるワケではないので会話をするでもなく用意された席に座った。

すると、どこからともなくオジサンが現われて私にビールを手渡してくれるではないか。

何て親切なんだろう。
いくらご近所の祭りだとはいえ、見ず知らずの私にまでご馳走してくれるとは。。。

この夏祭りではすべて無料で配布されている。
かき氷や綿飴、ジュースやビールまで全てだ。

最近の祭りなどはどこへ行っても的屋ばかり並んでいてなかなかゆっくり祭り自体を楽しむことができないのだが、この夏祭りにはゆったりとした時間が流れている。

盆踊りのお囃子も太鼓と生の歌声のみ。
しかし意外にも若者の踊る姿が多く、こじんまりとした中にも活気が溢れている。
昔懐かしい夏祭りの風景だ。

そーこーしているうちに近くで花火大会が始まった。

この夏祭り会場からも僅かに花火が見える。
娘達は楽しそうに踊りを踊っているし、私はビールをいただきながら夏祭りと花火を楽しんだ。

思い出深い夏の夜になった。
posted by imolog at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

旧暦「七夕」

今日8月11日は旧暦の七夕だ。
そこで今日は『七夕』を一杯。

DSC00178.JPG

淡いピンクの器に氷を入れて『七夕』を注ぐ。
まるで苺を思わせるこの色とデザイン。
芋焼酎が非常に華やかな雰囲気に包まれて味も軽やかになったように感じる。

あいにく今日は薄い雲に覆われて星を眺めることはできないが、先日のスペースシャトルの映像を思い出しつつ宇宙に心を馳せていただくとしよう☆

実はこの器、もとは酒器ではなくケーキの入れ物なのだ。

cake.jpg

しかしこれをひと目見た瞬間、私は頭の中で焼酎を注いでいた(笑)
もちろん中身を食べた後で・・・である。

想像したとおり、焼酎にもピッタリな器だった♪
posted by imolog at 23:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 芋器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

ビビンバ!?

昨日は昼間から持病の(?)盲腸が痛んでいたので必然的に芋禁日となった。
パソコンの電源を入れる元気もなかったが漢方薬を飲んで眠ると今朝には治っていた。
今日も控えたほうがよいかとも思ったのだが、あまりの暑さにガマンできず軽く缶ビールを2本飲んでしまった。。。
これ以上飲むとまた持病が出そうなので今日も芋禁にした。

そこで、先日食べた焼肉屋での一品を紹介しよう。
それがこの一品。

DSC00163.JPG

何だか判るだろうか?

これは「ビビンバ」である!?

私も最初見たときは驚いた。

注文を間違ったかな??と思ったほどだ。

今までいろんな「ビビンバ」を見てきたが、このような「ビビンバ」は初めてだ。

私が無知なだけなのだろうか?

どう見ても丼飯にしか見えない。

しかもこの人参!?

手間はかかっているようだが。。。


店の名誉のために言っておくが、ここの焼肉は非常に旨い!
タレも最高だ。
私の一番のお気に入りなのである。

しかしこの「ビビンバ」はいただけない。。。
posted by imolog at 22:12| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

古甕黒麹

今日は、先日も居酒屋で飲んだ「本坊酒造」の芋焼酎をご紹介。

hurukamekurokouji.JPG

『古甕黒麹(ふるかめくろこうじ) 鹿児島県 本坊酒造梶x


これはラベルの雰囲気に惹かれて購入したもので、後で見て「本坊酒造」だと知った。
その名のとおり、黒麹菌を使って一次・二次仕込みを甕壷でじっくりと行い、小型の蒸留機で丁寧に蒸留して造られている。

まずキャップを取る。

甘く香ばしい香りが広がってくる。

猪口を口元に運ぶとそれが倍増される。

口の中に入れてみるとコクと旨みが一気に広がり

「これは旨い!!」

と唸らせる。

甘みより香ばしさが強く、黒麹ならではのまろやかさと相まって上品かつ大胆な味わいとなっている。

この『古甕黒麹』は生でジックリ味わいたい一本だ。
posted by imolog at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月07日

明太××××

今日は九州の旨いもんを肴に一杯。
博多名物「明太子」だ。
しかし「明太子」といっても今日のは少し違う。
ジャジャ〜ン!

DSC00173.JPG

『明太フランス by POMPADOUR』

和と欧の融合、明太フランスである。
芋焼酎と故郷が同じ明太なら味も調和するのでは??
と思い、まずは『明太フランス』を食べてみる。

少々硬めのフランスパンが私にやる気を起こさせてくれる。
顎の筋肉をフル活用しながらパンを砕いていくと、フランスパンの塩味に混じって懐かしい辛さが滲み出してくる。
これこれ!
まさしく明太子の味だ。
その明太子の味が消えぬうちに『伊佐美』のロックを飲んでみる。
う〜ん悪くない。
さすが同郷、旨く引き立てあっている。
意外といけるもんだ♪

しかしながら・・・
明太子とフランスパン自体の相性は???である。
まぁこれは私個人の印象なので、食べたことがある方の中には「最高に旨かった!」と言われる人もいるかもしれないが。。。
それにしてもワインが飲みたい(笑)

最後に一つ忠告を。
フランスパンは温かいうちに食べるか、レンジで温めてから食べたほうがいいですよ。
歯が折れるかと思いました。
posted by imolog at 22:32| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月06日

雨降って。。。

今日は不安定な天気で、日暮れの頃には大雨・洪水警報が出た。
大粒の雨が乾いた地面を潤していく。
降り始めは地面から蒸気が上がって蒸し暑くなったのだが、雨が続くにつれ空気が冷やされていった。
今ではもう止んでいるが快適な夜となっている。

こんな日は湯割りのチャンスだ!

DSC00172.JPG

非常に甘い芋の香りが漂ってくる。

口に含むとまろやかでやわらかな風味が口いっぱいに広がる。

その後、やや温度を下げながら喉の奥に落ちていく。

滝つぼに落ちる滝のように、喉の奥に落ちた芋は香ばしい香りの飛沫を鼻に向けて飛び散らせながら。

これがクセになる。
湯割りの醍醐味(大げさか?)だ。

この『おかがいも』は夏場の湯割りでも耐えうる旨さを持っている。
posted by imolog at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

是々

今日は「味庵」で飲んだもう一杯をご紹介。

korekore.JPG

『是々(これこれ) 宮崎県 王手門酒造』


一杯目を飲みながら話の途中でマスターが見せてくれたのがこの焼酎だった。
怪しい雰囲気を醸し出すこの焼酎、ラベルを見ていると呪いめいたものを感じる。
4年もの間甕で熟成された白麹仕込みの40度原酒で、厳選した素材で熟練した杜氏が手造りにこだわって作った『是々』。
40度と強いので、これもロックでいただくことに。

一口飲んでみると度数を感じる辛さが最初にくる。
しかし辛さだけではなく、ほのかな芋の甘さも口の中に広がってゆく。
それでいて喉越しはスッキリとキレがよく後味も爽やかだ。

一晩飲み続けて最後の締めにちょうどよい。
これでこの晩は満足してグッスリ眠ることができた。
posted by imolog at 23:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。