2006年05月30日

忠蔵

chuzo.JPG
『忠蔵(ちゅうぞう) 宮崎県 寿海酒造(業)』

ふたたび宮崎20度焼酎を買ってみた。

香りに違いは感じない。

口に含んだ瞬間、押し寄せてくるまろやかさと芳ばしさ。

しかし突進してくるのではない。


ガツンと来そうで来ない。

なんと表現すればいいのだろう・・・

あえて言うなら「寸止め」という感じか。

25度を飲みなれていると物足りないと思うかもしれない。

だがこの「寸止め」が次の一杯を誘う。

味わいは優しくほのかに香る甘み。

微かな余韻を残すがキレのよい後味。

そのまま焼酎だけを楽しむより肴とともに味わいたい。

そんな気にさせる芋焼酎だ。

つまりは晩酌のお供にピッタリということか。

日常に浸透しているのが理解できる宮崎20度である。
posted by imolog at 21:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

火唐

sugimura.JPG

眠ってしまった!

子どもたちを寝かしつけている間に一緒に眠ってしまった。



日曜、天気予報とは裏腹に朝から晴天。

雨だと思っていたので何も予定は立てていなかった。

しかたがないので近くの公園へ出かけることにした。

普段あまり行かないところで、道が狭いせいもあり人影疎ら。

駐車場にも車が一台もない。

木々に囲まれひっそりとした雰囲気の中、誰もいない遊具で遊ぶ。

空気が冷たくて心地よい。

しかし体力は必要だ。

徐々に額にも汗がにじんでくる。



日中を公園で過ごしたあとは焼き鳥屋で夕食。

生ビールを二杯飲んだあと、お待ちかねの芋だ。

pokara_tori.JPG

汗ばんだ昼間のこともあり、今日はロック。

注文したのはこれ。

pokara_p.JPG
『火唐(ぽから) 熊本県(?) メルシャン(?)』

私はてっきり鹿児島焼酎だと思っていた。

「焼き芋を思わせるふわっとした香りと自然な甘みが特徴です」

という文句に惹かれて頼んだのだ。

ロックだがほのかに甘い香り。

一口含んでみるとたしかに焼き芋のようだ。

軽いのだが、ほんのりした甘みと微かな芳ばしさを感じる。


これが焼き鳥と絶妙に合う。

ビールで気分がよくなっていたせいもあるのだろう。

焼酎は一杯だけだったのだが非常に満足した。

自宅に帰って子どもたちを寝かしつけている間に・・・



また焼き鳥を食べたくなった。。。
posted by imolog at 22:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

そらのくもシュー

sora_kumo_shu.JPG

午後のおやつに「そらのくも」の名物ジャンボ・シュークリーム。

その名も「そらのくもシュー」。

パイ生地のようなしっかりとした外壁(?)。

ズッシリとくる重量感。

たっぷり入ったカスタードクリームがまったりと甘い。


これで200円は驚きだ。

甘めの芋焼酎との相性もよく、どちらもよく進む。

おやつのつもりで食べたのだが一人ではさすがに量が多く、

これ一つで夕食も兼ねてしまった。

食べきったあとは満腹感でいっぱいだったのだが

今となればまた食べてみたいと感じる。

芋焼酎の魅力と同じだ。。。
posted by imolog at 23:53| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

真の三岳

logos_mitake.JPG

深みのある喉越し。

ほのかに香ってくるコクと芳ばしさ。

ん!?

先日飲んだときとは違う味わい。

これが純粋に「三岳」なのかも知れない。



仕事から帰ると自宅には誰もいない。

もちろん連絡もない。

ひょっとして家出?

思い当たる節は・・・ない。

携帯は持っているが連絡しようとは思わない。

まぁいいかぁ〜♪



そんな感じで空腹のまま「三岳」を口にした。

今日はしばらく何も口にしていなかったので

ほかに雑味を感じることはない。

「三岳」のみである。

そして感じた味わい。

こんなにコクがあったのか!

こんなに旨かったのか!!


旨い焼酎は肴などなくてもそれだけで楽しめる。

そういうものなんだと改めて感じた。

妻の家出(?)に感謝。

それにしても・・・まだ帰ってこない。。。
posted by imolog at 19:14| Comment(6) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

「黒甘露」最後の一杯

w_kurokan.JPG

最後の一杯。

しかし心配することはない。

期間限定ということで早めに仕入れておいた。

この「黒甘露」の芳ばしさはクセになる。

口に含んだ瞬間、黒麹らしくキリっと締まった味わいが広がる。

喉越しもガッシリと強く、しかしサッパリと流れる。

あとには鼻腔へと立ち上る香味と舌先の痺れ。


男らしい味わい

とでも言おうか。

今夜は安心して酔える。。。
posted by imolog at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

抑制

tenson_yuwari.JPG

膝の裏側に汗をかく。

それくらい暑い夜長を湯割りで過ごす。

今夜は少し軽めに20度を割る。

湯気が立ち上ってもあまり芋臭さはない。

口当たりはとても軽く、ほのかに甘みが広がる。

爽やかに喉を流れてゆきスゥーっと消える。


少し物足りなさを感じるが、その分減るのが早い。

私の血液も緩やかにアルコール度を増してゆく。



最近、朝起きるとよく思う。

「昨夜は呑みすぎたな。」

初めのうちは味わいながら呑んでいるのだが

気がつくとどんどん進んでいる。

限度を知らずに酔っ払うまで呑んでいるのだ。

しかも自宅で。

これでは芋焼酎を楽しめない。

もちろん旨いから進むのだが、

眠りにつく頃には味覚さえ失われている。

何事もほどほどに抑えておくのが旨さを保つ秘訣!?

今日から少し控えめに、しかしジックリ味わおうと思う。
posted by imolog at 22:14| Comment(4) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

やっと三岳!?

mitake_.JPG
『三岳(みたけ) 鹿児島県 三岳酒造梶x

改めて紹介するまでもないだろう。

このラベルは私の記憶に何度も出てくる。

ただ、味のほうはというと・・・(汗)



今朝、私の携帯が鳴った。

メールだ。

よく行く焼酎専門店からのもの。

『「三岳」が入荷しました』

その瞬間、今日の行き先が決まった。



「三岳」。

近所の酒屋でも買えないことはない。

しかしプレミア価格が付いているのだ。

もちろん手が出ない金額でもないが、

それでは私の気持ちが許さない。

そこに今回のメールだ。



さぁ今日はじっくり味わおう。

私の基本はやはり”生”から。

香り。

ほのかな甘みを感じるが非常に軽い。

口当たり。

甘く優しくスゥーっと馴染み広がる。

喉越し。

まろやかさの中にしっかりとした主張がある。

後味。

甘く立ち上る芋香の中に僅かな芳ばしさを含んでいる。

一言でいうと、

突出した癖がなく全体的にバランスがとれて飲みやすい。

という感じだ。

さぁ今はまだ序盤。

これから飲むにしたがって私の味覚は変わってゆくだろうか。。。
posted by imolog at 22:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

私の一日

今日土曜日は仕事関係の総会。

そのあとはお決まりの懇親会=宴会だ。

残念ながら芋焼酎はなかったが

ビールと会席料理で盛り上がった。

写真を撮るのを忘れるくらい・・・

気付いたときには目の前の料理がなくなっていたのだ。

しこたまビールを飲まされてお開きの時間。

時計を見てみるとまだまだ早い。

といっても次の店に行くのではなく帰宅だ。

子どもたちの顔を見に帰る。

帰宅してみると長女だけがまだ起きていた。

するとその長女が一言。

「お寿司が食べたい。」

そう言われては私もじっとしていられない。

妻と眠ったままの次女を残して二人で寿司屋へ。

もちろん回転寿司だが。



たっぷり食べた娘は帰りの車の中で気持ちよさそうに眠りにつく。

宴会の料理と娘の残り物を食べた私の腹は破裂しそうだ。

私の長いようで短い一日が終わった。

最後に娘の笑顔を見れたのが私の満足。

私もいい気分のまま眠りにつこう。
posted by imolog at 21:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

独り人生相談?

5-19.JPG

汗ばむような湿度。

雨が降ったかと思うと日が差してくる。

窓を揺らす風。

今日の天気はよくわからない。

これはどうやら台風1号の影響らしい。

そんな日だからこそ湯割り。

今日はオーソドックスに「島美人」をいただく。


頭をよぎることは色々ある。

最近自我に目覚めてきた子どもたちのことや

明日の会議のこと。

その会議に着けるネクタイの色などなど。

だがやはり子どものことが一番だ。

躾のことや今日の反省。

(あの場面で怒ってよかったのか?)

(もう少し態度を変えてみるべきか?)


考えれば考えるほど悩みは増える。

しかし「島美人」を飲んでいくうち、

「まぁいいか〜!」となる。

投げ出しているのではない。

深く考えるより体当たりでぶつかるべきだな。

行き着く先は「素直な気持ち」。

私の目標だ。

「素直に生きる人生」

いくつになってもヒネクレたくないものだ。
posted by imolog at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

新たな一面

hanabon_ikahry.JPG

プ〜ンと漂う(表現が悪い!?)甘い香り。

口に含んだ瞬間広がるふくよかさ。

ほんのりと甘く柔らかく落ちてゆく喉越し。


これぞ芋!

といった味わい。

”生”で飲んだときとは明らかに違う。

芋らしい芋に変身した。

湯を足すことでこんなに変わるとは信じがたい。

あれだけ私の口には合わないと感じ取ったのに・・・

今は「花雪洞」「ソフトいかフライ」と同様、

やわらかな気分に浸っている。



人も芋焼酎も同じ。

たった一面だけを見てすべてを判断してはいけないということ。

芋焼酎にはいつも勉強させられる。。。
posted by imolog at 22:56| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

母の日といえば・・・

hahanohi.JPG

今日は母の日。

母の日といえば昔からカーネーションだ。

密かに用意してあった花を子どもたちに手渡す。

「お母さんに渡しておいで」

私がそういうと二人ともニコニコしながら部屋を出ていった。

遠くで妻の歓声が聞こえる。

その声を聴きながら私は一人芋焼酎を飲む。



数分後、玄関には先ほどの花が。

haha_hana.JPG

妻の嬉しそうな顔を思い出しながらまた一杯。

今日の芋焼酎は一段と旨い!
posted by imolog at 19:53| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

和洋折衷

昨日の晴れやかな天気はどこへやら。

今日は朝から雨模様である。

そんな雨の中、妻と子どもたちは友人たちとイチゴ狩りへ。

「なにもこんな雨の日に・・・」

私は思ったが、イチゴ狩りはハウスなので問題ないらしい。

帰って見せてもらったイチゴたちは大きいのから小さいのまで様々。

あいにくの天気だったが皆楽しんできたようだ。

で、私はあとで写真に収めようと考えていたのだが

気付いたときにはもうすでに皆の腹の中だった。

私は一粒も口にしていないのに。。。

まぁ別にいいのだがもうやだ〜(悲しい顔)


外出後の夕食はありあわせの物。

pasta_oden.JPG

いくらありあわせといってもこれでいいのか??

おでんは朝から用意してあったので心の準備はできているが

なにもパスタを合わせなくても・・・

しかも箸で食えと?

だがよくよく考えてみれば「和洋折衷」だな。

ちょっと洒落てるかも♪

妙に納得しながら最後の「紅一刻」を飲む。

柔らかな風味でいつ飲んでも旨い。

そろそろ次の紅芋を探しておかないといけないな。。。
posted by imolog at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

花雪洞

hanabonbori.JPG
『花雪洞(はなぼんぼり) 鹿児島県 吹上焼酎梶x

棚に並んでいる瓶を見たときは特に何とも思わなかった。

黄金色に輝くラベルではあるがそれほど興味もない。

しかしふと「黒こうじ」という文字が目に入った。

ん!?

すぐさま手に取る。

「芋焼酎だったのか!」

実は雰囲気からして芋焼酎だとは思っていなかったのだ。



「栗黄金」という芋を黒麹で仕込んだ焼酎。

裏書きには、

ほんのりとした甘みとまろやかで気品のある香味

とある。

実際の味わいはどうか?

香りには芳ばしさ、力強さを感じる。

口当たりはストレートにくるがやや辛口。

喉越しも少しカドを感じ、まろやかとまではいかない。

たしかにほんのり甘みを感じるが今ひとつ物足りないのだ。

味に深み、奥行きがないというのか・・・


決して不味いというワケではないが私好みの味わいではなかった。

ただ、明日にはまた変心しているかも知れない。

なんといっても私の気ままな舌が感じることなのだから。。。
posted by imolog at 20:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

半分になった・・・

surume_nora.JPG

ゴールデンウィークが終わったところだというのにこの気温。

日中はどうだったのかわからないが、夕方の時点で26度である。

湿度が高く朝から非常に蒸し暑い。

こんな日は夕食を軽めに済ませて早めの晩酌。

アテは定番のスルメである。

「五代」はもちろんロックで。

いい匂いが漂ったのか、写真を撮ろうと構えた瞬間

ノラが横からスルメを咥えていってしまった・・・

コラァ〜!!

あとに残ったのは半分に減った私の肴(T_T)

しかし「五代」はしっかり一人前いただく。

いや、二人前かな?

いや。。。


軽く済ませるハズが止まらない。

結局今も継続中。

いったいいつまで続くのやら。

酔っ払いの夜は長いのである。。。
posted by imolog at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

癒しの一枚

mazuha_s.bijin.JPG

ゴールデンウィーク最後の日も無事に終わり

やっと自宅でパソコンを開くことができた。

帰ってまず呑むのはやはり私の定番、

「島美人」である。

懐かしい気さえするこの味わいに

私の心も落ち着きを取り戻してゆく。

振り返るとこの連休はゆっくり休む時間がなかった。

天気がよかったせいもあるが、ここぞとばかり外に出かける。

おとなしく家にいた日は・・・

ない!

そんな中で心休まる一枚。

shimanami.JPG

走行中の車内から撮ったものだが、しまなみ海道の因島大橋である。

瀬戸内の島々はいつ見ても私の心を癒してくれる。

とくに春先の天気のよい日は海も島も輝いて見えるのだ。

改めて見るこの写真と「島美人」のおかげで心地よい睡魔が訪れる。

さぁ明日からまた仕事だ。

今夜はそろそろ眠るとしよう。。。
posted by imolog at 23:49| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

締め括り?

image/imolog-2006-05-06T21:18:07-1.jpg
明日はどうやら一日雨の模様。

そんなゴールデンウイーク最後の晴天を動物園&公園で締め括る。

雲は出ていたが気温は高く蒸し暑い。

さすがに一日中外で過ごしていると体力を消耗する。

そんな締め括りにはスタミナを取り戻そう。

明日はもう自宅に戻るだけなのでスタミナは必要ないのだが…

で、今日は焼肉。

合わせるのは定番の「黒霧島」。

これは25度なので飲みごたえがある。

もちろん私は″生″で。

相変わらずまろやかで飲みやすい。

何をアテにしても無難にこなせる味わい。

いくら定番でもこんなに旨い焼酎がコンビニで買えることに感謝。

それにしても毎日ワンカップ一本だと量的にはちょうどいいのだが、

そろそろもう少し酔いたい気持ちになってくる。

やはり私は芋焼酎中毒!?
posted by imolog at 21:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

薩摩一

image/imolog-2006-05-05T23:33:00-1.jpg
今日の夕食は外食で済ませたため、夜はドーナツでダレヤメ。

若松酒造鰍フ「薩摩一」16度である。

バックに輝く桜島が眩しい黒麹仕込み。

昨日、一昨日と25度を飲んでいるので少し物足りない。

温めればまた味わいも変わるのかも知れないが、

面倒なので私はそのまま味わう。

甘い香りにアッサリした口当たりと喉越し。

それがこの「薩摩一」の味なのか16度のせいなのかはわからない。

それとも私の身体がもっと芋焼酎を欲しているのか?

いずれにせよそろそろまた在庫になる一本を探さないといけない。

しかし今日のところはまたビールをいれておく。
posted by imolog at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

ハマりそう

image/imolog-2006-05-04T23:48:22-1.jpg
今日の土産。

職場用と私用。

朝早くから弁当を作ってもらい遊園地へ遊びに行ってきた。

遊園地内は弁当の持ち込み禁止なのだが。。。

今日は「白波」。

昨日の黒麹に比べると口当たりに柔らかさがあってアッサリしている。

缶ビールを空けてからだから少々麻痺しているかも知れないが。

このワンカップ芋焼酎、

実家でちょっと呑むのにちょうどいい。

酔っ払うこともなく、もう少し飲みたいと思わせる適度な量。

これもハマってしまいそうだ。

明日はどこのコンビニを探そうか。。。
posted by imolog at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

竹の子づくし

image/imolog-2006-05-03T22:24:21-1.jpg
ところ変わってここは妻の実家。

今朝6時に到着し、少し仮眠をとった後はGW初日を楽しむ。

そして夜は遇し料理だ。

他に誰も呑まないのでもちろん私のためとなる。

「黒白波」と旬の食材、竹の子づくしである。

写真では刺身がメインのように写っているが…

「黒白波」を飲むのは久しぶりだが軽やかでキレがよい。

やや甘く感じる味わいが旬の料理を引き立てる。

最高のゴールデンウイーク初日となった。

さぁ明日は何を呑もうか♪
posted by imolog at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

「おはようございますっ!!」

メーデー、メーデー。

今日は5月1日。

メーデーである。

世間はゴールデンウィーク真っ只中。

昨日、一昨日の休みは妻と子どもたちの里帰り。

私は今日、明日と仕事が待っているので自宅待機。

といってもしっかり送らされてしまった車(RV)

片道6時間。

土曜の朝出発し、昨夜舞い戻ってきた。

しかし昨日の日曜は素晴らしい天気に恵まれたので

朝から実家近くの運動公園に遊びに出かけた。

sis_batter.JPG

娘が最近ハマっている野球だ。

4月とは思えない強い日差しの中グラウンドを走り回る。

もちろん私が・・・ふらふら

程よく(?)汗をかいたころ一休み。

木陰で休もうと座り込んでふと上を見るとわずかに残る花。

桜だ。

sakura_gw.JPG

これだけ暑くなってもまだ残っているんだなぁ。

などと感心しているすぐそばにはちらほら咲き始めた藤の花が。

fuji_gw.JPG

これは心が休まる。

こんなときは冷たく冷えた芋焼酎をグイッと・・・

と思ったのだが、こんな神聖な場所で飲むのはちょっとなぁ。

そう感じてしまった。

実は、一枚目の写真の後ろに写っている球場で

高校球児たちが熱戦を繰り広げていたのだ。

何の大会なのかはわからないが何校かの球児たちが集まっていた。

しかもこの運動公園の駐車場の誘導係も彼らが行っていたのだ。

「おはようございますっ!!」

歯切れのよい大きな声で挨拶したかと思うと深々と頭を下げる。

「こちらへどうぞっ!!」

駐車場への曲がり角に一人ずつ立って、皆がきちんと挨拶してくれる。

(私は公園に遊びにきただけなのだが・・・)

と恐縮しながらも彼らに任せて誘導される。

(なんて礼儀正しい生徒なんだろう)

(いったいどこの学校なんだ??)

などと感心しながら眺めていた。

残念ながら彼らと言葉を交わす機会はなかったが

非常に晴れ晴れした気持ちのよい朝を迎えることができた。

こういう気持ちのよい生徒たちが一生懸命戦っている野球。

高校野球がますます好きになった。



話が横に逸れてしまったが、

結局その日は芋焼酎を口にすることはなかったのだ。

その夜、遊び疲れた身体を引きずって独りで片道6時間。

今は独身気分のわずかな時間を芋焼酎とともに楽しんでいる。
posted by imolog at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。