2006年08月30日

キレるなよっ!!

最近パソコンの調子が悪い。

というよりモデムの問題だな・・・

今日はなんとか作動しているが時々回線が途切れてしまう。

ひょっとして先日の雷雨で感電でもしたのか?

ランプの点滅を診断しても異常がないようだ。

まぁとにかく繋がっていてくれればいい。

paso_heizo.JPG

今日は気分を変えて「平蔵」をロックにしてみた。

冷たくて気持ちがいい。

腹の底から冷える感じ(身体に良くない??)。

しかし芋の旨みをあまり感じることができない。

氷の中に閉じ込められてしまうとでも言おうか。

内から発散するものがないのだ。

その華を開花させるのはやはり”湯”なのか・・・

このあとは湯割りだな♪♪
posted by imolog at 22:34| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

今夜も・・・

kurokanyuwari828.JPG

今夜は「黒甘露」の湯割り。

毎度変わり栄えしない写真ではあるが・・・。

とりあえず今は在庫の芋焼酎を楽しんでいる。

この「黒甘露」は”生”ではカラッとした香ばしさを感じるが

湯割りにすると甘みが増す。

今は2杯目だがすでに酔っ払いに変身しつつある。

これから3杯目を飲むかどうか思案中。

しかし多分この一行を書けば湯を沸かすに違いない。

ひっそりとした自宅で独り湯割りを傾ける。

こんな夜もいいではないか。

虫の声がやけに大きく聞こえる秋口の夜。
posted by imolog at 22:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

とうとうこの日がやってきた

今日の午後は突然の雷雨に見舞われた。

見る見る空が暗くなり、まるで夕暮れを思わせる。

遠くで雷鳴が聞こえるとやがてポツリポツリと降りだした。

そして瞬く間に土砂降りへと変わっていったのだ。

chu_yuwari.yado.JPG

窓を開けるとヒンヤリとした空気が入ってくる。

秋が近づいたこともあるのだろうが、

午後の雨の影響が大きいのだろう。

今夜は湯割りを飲みたい気分になった。

20度の「忠蔵」を5:5の湯割りにする。

ほんのり甘い香りが漂い、夜風の心地よさと相まって私を誘う。

カラッとした口当たりの中に仄かな甘みを感じる。

この甘みは熱帯夜にはクドイと思わせるが今夜は違う。

額に汗することもなく純粋に芋焼酎の旨さを味わうことができる。

夜風の冷たさに少し寂しさも感じるが、

焼酎の旨いこれからの季節の到来を楽しみに待ちわびる。。。
posted by imolog at 22:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

金時芋完飲

kin_kanin.JPG

やっと完飲。

ずいぶん前に妻が買ってくれた焼酎。

最近は適量しか飲まなかったせいか減りが遅い。

今日はビールを切らしてしまったのでしかたなく・・・

・・・いや、ここぞとばかり喜んで芋をいただく(汗)

久しぶりに2杯飲んだ。

ここ数日は1杯で満足していた。

それが2杯飲んでしまうと勢いがついてしまう。

2度あることは3度ある(?)

2杯目が終わると次は3杯目だ。

当たり前だが・・・。

今夜はこのままもう1本空けてしまうか♪
posted by imolog at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

肴はヤドカリ!?

oka_yado.JPG

我が家に新しい仲間が増えた。

オカヤドカリである。

娘が友達の家に遊びに行って貰ってきた。

(こんなもの飼育できるのか?)

そう思った私だがオカヤドカリは雑食性なので以外に簡単そう。

しかし調べてみると天然記念物というではないか!?

本当に飼っても??

大丈夫らしい。

最初はなんとも思っていなかったのだが、

よく見てみると仕草がなかなか愛らしい。

動いている間は見ていて飽きないのだ。

昼間はほとんど眠ったままなので退屈なのだが、

私がダレヤメする頃にはボチボチ動き出す。

oka_beni.JPG

オカヤドカリを肴に一杯。

・・・といっても食すワケではない。

眺めているだけで芋焼酎が進む。

なかなかいい肴ではないか♪
posted by imolog at 23:34| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

痺れる舌

0608201.JPG

キャンプ?

いや・・・、

今日は自宅でバーベキュー。

キャンプと同様、七輪に火を熾す。

もちろんすでに私の宴会は始まっているが・・・

0608202.JPG

スーパーで買った半額セールの肉。

これを見つけたから今日のバーベキューを思い立った。

口の中で溶けるように消えてゆく肉。

そしてそのマッタリした口にビールの刺激がよく合う。

時間とともに食とビールがどんどん進み、いつしか平らげていた。

あとは灯りのもとでゆっくり過ごすだけ。

0608203.JPG

子どもたちも家の中に入り独り取り残された私だけの時間。

しし唐に当たって痺れる舌も芋焼酎は優しく包んでくれる。

・・・というより麻痺しているのか?

飛び交う蚊と闘いながら私の夜は更けてゆく。。。
posted by imolog at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

踊り

odori_shou.JPG

私の地元に帰っての小さな盆踊り。

子ども向けのゲームなども開催されているため参加する。

一通りゲームで楽しんだあと、娘が「踊りたい」と言い出した。

里帰りした際、祖母に教えてもらった踊りが忘れられないらしい。

もちろん地方によって踊りも違うのだが、

妻と一緒に見よう見まねで踊っている。

他に子どもは誰もいない。

そんな中で小さな影が一生懸命に踊っているのだ。

遠目で見ながら「結構サマになっているなぁ」などと感心する。

そして踊りつかれた娘たちは私たちの腕の中で寝息を立てている。

「すっかり重くなったなぁ。」

自宅で寝かしつけたあと「吉兆宝山」をチビチビやりながら

成長した娘たちの踊りを思い出している。。。

kiccho819.JPG
posted by imolog at 23:33| Comment(2) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

虫の声

warimizu_kourin.JPG

久しぶりの家飲み。

先日のコンビニ焼酎を思い出し、今日は割り水にしてみた。

20度の「天孫降臨」を5:5の割り水にし氷を浮かべる。

いったい何度になったのだろう?

すでに酔っている私には計算できない・・・

非常に軽やかな飲み心地でスイスイ流れてゆく。

しかしそれ故に飲みすぎてしまうのが弱点か。



ふと気付くと外では虫の声が聴こえる。

台風も何度か接近し、そろそろ秋の気配が漂っているようだ。

まだ8月とはいえ

去り行く夏を惜しみながら

酔っ払いが虫の声に耳を傾ける。。。
posted by imolog at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

コンビニ薩摩一

NEC_0088.jpg

暑い日中を耐えたあとの一杯は旨い。

朝早くから子どもたちを連れて虫採りや魚採りにと走り回る。

残暑とは思えないほどの日差しに体力と水分が奪われてゆく。

不思議なことに一口飲めば回復する。

腹の底から力が湧いてくるのだ。

これぞ酔っ払いの底力!?

調子に乗ってきたところでコンビニ焼酎の出番だ。

今日は「薩摩一」。

以前にも飲んだ若松酒造の割り水焼酎16度である。

ここの所ビール続きで刺激に慣れてしまった胃には新鮮だ。

ほんのり香る甘み。

優しい口当たりとまろやかな喉越し。

久しぶりに「旨い!」と唸らせる芋焼酎らしい味わいだ。

もう一本買っておけばよかった。。。
posted by imolog at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

盆の舞

NEC_0086.jpg

盆らしい行事といえば盆踊り。

ただ踊るだけではない。


昔からの風習でその一年に亡くなった人を祭っている。

そして町内会の人たちが飲み物などを振る舞ってくれるのだ。

私は踊りはしないが振る舞いだけは受ける。

決してそれが目当てなのではない。

決して…。

娘が踊る姿を眺めながらビールを口に運ぶ。

今夜も浴びるように飲んでしまった。

ビールに酔ってきた…。

今日はこれくらいにしておこう。。。
posted by imolog at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

帰省花火

NEC_0078.jpg

今日は地元の花火大会。

夕食を済ませたあと近くの橋の上から観覧する。

背中から吹く夜風が心地よく川面に写る花火も綺麗だ。

十分堪能したあとは風呂で汗を流しダレヤメタイム。

まったりとした時間を過ごす。
posted by imolog at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

夏祭り

帰省ラッシュを辛うじて避け、今日は実家で晩酌である。

地元で開かれている祭りをテレビの中継で眺めながら一杯。

エアコンの効いた部屋でも会場の熱気は伝わってくる。

今も変わらずあちこちで開催される盆らしい行事。

ここに帰ると実感できる盆。

里帰りとはいいものだなぁと改めて感じる。

帰省の疲れと微酔いで襲ってくる睡魔。

今夜はこのまま眠るとしよう。。。
posted by imolog at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

今日は子どもたちが「大きなお風呂」に行きたいと言うので

夕食後に車を走らせスーパー銭湯へ行ってきた。

風呂上がりに一杯いきたいところだったが

帰りの運転があるのでなんとか気持ちを抑えて帰宅した。

温泉で火照った身体は冷たいものを欲する。

そこで今日は軽めにこれにした。

md_carori.JPG

まずは発泡酒で胃に刺激を与え、その後チュウハイへと切り替える。

これがタマラナイ。

腹の底から身体中へと徐々に広がる冷たさとアルコール。

そして全身にいきわたると今度は汗腺から外へと飛び出してゆく。

汗が。

すっかり全身汗だくだ。

あぁ〜またシャワーを浴びなければ・・・

何のために温泉に浸かったのやら(汗)
posted by imolog at 21:57| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

平蔵

heizou.JPG
『平蔵(へいぞう) 宮崎県 櫻乃峰酒造求x

全日本小学生女子ソフトボール大会。

宮崎県宮崎市で行われたこの大会に職場の上司が参加した。

もちろん上司は小学生ではないし女子でもない。

チームのコーチとしての参加だ。

めでたく2回戦を突破したが3回戦で惜しくも破れた。

去年の1回戦敗退を考えると格段の進歩だ。

おめでとー!と言いたい。



その上司が土産として持ち帰ってくれたのがこの「平蔵」である。

私の好みを知って買ってくれたのか甕壷仕込みだ。

いや、たしか職場の女の子にも同じものを買っていた・・・

それはいいとして、私としては嬉しい限りだ。

さっそく試してみた。



栓を開けると柔らかい芋の風味が漂う。

まったりと舌に絡みつくような甘み。

しかしシッカリとした芯を持っている。

ゆっくりと滑らかに喉を通ってゆく。

そして鼻腔へと立ち上る芳醇な味わい。


私が最近求めていた芋焼酎らしい甘み、旨みを持った一本だ。

箱の裏書きにある、

「明日の鋭気を満たす心の『潤滑油』として・・・」

私の血液がこの「平蔵」の潤滑油によってさらに激しく流れ始めた。。。
posted by imolog at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

夏はバーベキュー!?

yuzunoie.JPG

昨日は友人たちとバーベキュー。

・・・の予定だったがメンバーが少ないので急遽飲み会になった。

それが間違い(?)のもと。

昼ごろから居酒屋へ行き生ビールで乾杯。

いきなり宴会モードで肴を注文する。

やはり暑い日中から飲むビールは最高だ。

話も弾みどんどん進む。

ただ、昼間から営業している居酒屋というのは時間制限がある。

午後2時までなのだ。

それも計算のうちで、切り上げるのにちょうど良いだろうと思っていた。

ところが私がそこで終われるハズもなかった・・・

閉店の2時ギリギリまで飲んだあと、

腹ごしらえ(?)のために中華へと出向く。

そこでまた宴会を始め2時間。

その後また移動を繰り返し、結局5軒をハシゴした。

写真は4軒目の居酒屋でのこれまた生ビール。

この頃すでに午後7時。

最後はスナックで締めて自宅に着いたのは11時を回っていた。

あぁ〜よく遊んだ。

それにしても結局昨日は芋焼酎を飲むことがなかったなぁ。。。
posted by imolog at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

吉兆宝山

kiccho_hozan.JPG
『吉兆宝山(きっちょうほうざん) 鹿児島県 西酒造梶x

前回の「富乃宝山」に続く「宝山シリーズ」。

今回は黒麹仕込みである。

黄麹はどうも苦手だなと感じた私。

この「吉兆宝山」はどうだろう?

気温が高いので少々温めだが”生”でいただく。

グラスに注ぐとまろやかな香りが漂う。

甘さと温さが混じりあいながら口中に浸透し、

スゥーっと消えるように蒸発する。

あとには柔らかい芋の香りと

シッカリとした味わいが余韻として残る。


猪口でチビチビやりながら少しずつ酔いを増幅してゆく。

そんな飲み方が似合う味わいだ。

甘みが旨みに変わる頃、私の舌も一つ上へと感覚を磨くだろう。
posted by imolog at 21:49| Comment(2) | TrackBack(1) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

飫肥杉

pl06.JPG

仕事を終えて車を走らせる。

今日8月1日はこの辺りでは有名な花火大会。

10万発もの花火が夜空を彩る。

今夜は思ったより気温が低く過ごしやすい。

爽やかな夜風に吹かれながら花火見物。

あいにく風向きが悪く煙って見えないこともあるが

そんな煙を蹴散らすかのような勢いで花火が上がる。

そして私は腹ごしらえをしながら生ビールを一杯。

nama_bento.JPG

クゥ〜!

やっぱり外で飲むビールは旨い!!

空腹と見事な花火のおかげでドンドン進む。



腹もいっぱいになり花火が華僑に入ったころ、ついに出番だ。

スーパーで買った芋焼酎。

obisugi.JPG
『飫肥杉(おびすぎ) 宮崎県 井上酒造梶x

この大きさが可愛く、すぐに私の目に留まった。

黒麹仕込みの甕貯蔵で私の飲欲をくすぐる。

他に何も用意していないので”生”でいただく。

いきなりガツンとくる口当たり。

そしてその強さを緩めることなく流れてゆく濃厚な喉越し。

後味もしっかり残し余韻が長い。


花火を忘れてしまいそうな強い味わいだ。

しかし私の手は止まることなく動いている。

「旨い」ということなのだろうか?

私にもわからないが止まらないのは確かだ。

このサイズのカップでよかった・・・

今夜は帰れなくなるところだった。。。
posted by imolog at 23:22| Comment(11) | TrackBack(1) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。