2006年09月28日

轟乃露 黒

todoronotsuyu_kuro.JPG
『轟乃露 黒(とどろのつゆ くろ) 鹿児島県 小牧醸造梶x

私自身初めて見る銘柄。

今まで気が付かなかっただけなのか?

黒麹好きとしては、やはりつい黒いラベルに目が行く。

そしてよくよく見てみると小牧醸造ではないか!?

以前飲んだ「小牧」の味は記憶の彼方に消えつつあるが、

軽い中にも旨みが詰まっていたというのだけは覚えている。

(これは期待できるかも知れない!)

・・・とすぐに決めてしまった。



柔らかな芋の香りが立ち上ってくる。

まったりとして角のない口当たり。

芳醇な甘みの後から僅かな芳ばしさが追いかける。


これはイケる!!

黒麹らしい味わいだ。

さすが小牧醸造といったところか。

味は忘れたが、「小牧」にも通ずるものがある(?)。

またしばらくは”生”で楽しめそうだ。。。
posted by imolog at 21:31| Comment(4) | TrackBack(1) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

吉兆を胸に・・・

cosmos06.JPG

金木犀の香りが漂う庭先。

ピンク色の可愛いコスモスは目に秋を運んでくれる。

道端を通り抜ける風は頬に冷たく、足早な夕暮れは心に冷たい。

ついこの間までの夏がとても懐かしい9月の終わり。

その夏とともに去ってゆく「吉兆宝山」。

l_kiccho.JPG

夏の思い出を探しながら口に運び、訪れる冬を想い口に運ぶ。

今日でこの「吉兆宝山」ともお別れだ。

また次の芋を求めて彷徨うとしよう。

そろそろ本気で。。。
posted by imolog at 21:48| Comment(7) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

秋分の日

昨日と今日の連休、本当ならキャンプに行っているハズだった。

しかし週末台風14号の影響を考え何も予定を入れていなかった。

土曜の朝起きて外を見、ショックを受ける。

快晴ではないか!?

(こんなことなら・・・)

と今さら嘆いても遅い。

せめて雨なら諦めもつくのだが。。。

欲求不満を残したまま子どもたちを連れて公園に。

太陽の下で遊んでいると暑さを感じるが、秋風が非常に心地よい。

絶好のキャンプ日和だ。

ますます悔やまれる。

何とか耐えて一日を過ごした。

そして二日目。

今日も朝から爽やかな風が吹く。

幸いにも(?)今日は予定がある。

急遽入った予定だ。

それは友人の子どもの守り。

一日預からないといけない。

3人・・・。

年頃は私の娘たちと同じなのでいくらか楽だが。

さすがに一気に子どもが5人に増えると疲れる。

まだまだ大人の手も必要なのだ。



長いようで短い一日が終わった。

今日は子どもたちもたっぷり遊んだと見えて早く寝てくれたので

これからは私のまったりダレヤメタイムだ。

静かな夜が懐かしい。。。
posted by imolog at 21:29| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

霧島ゴールド

kirishima_gold20.JPG
『霧島ゴールド(きりしまごーるど) 宮崎県 霧島酒造梶x

久しぶりの酒屋。

といっても近所の酒屋なので目新しいものは期待していない。

案の定、以前と変わらぬ風景だ。

ただ一つ、目に付いたのが「伊佐美」の数の多さ。

棚に10本ほど並んでいる。

(手に入りやすくなったのか?)

値札を見てみると、そこにはやはり変わらぬ価格が・・・

「9,800円」。



とんでもない。



ほかに私の気を引くものはないかとウロウロしていると

売り出しのように木箱に詰められたものを見つけた。

それがこの「霧島ゴールド」である。

今までに見たことのないラベルだったので、

何が違うのかとよく見てみると20度と書いてある。

宮崎の20度。

(ムフフ・・・)

これはぜひ試してみたい。

・・・ということで手に取った。



香りは「霧島」らしく優しい甘さを漂わせる。

ほんのり柔らかな口当たり。

軽いけれどしっかりとした甘みは伝わってくる。


20度というだけあって非常に飲みやすい。

もちろん「霧島」自体は元来飲みやすい芋焼酎ではあるが、

その「霧島」をさらに繊細に仕上げたという感じだ。

『ちょっと芋を味わいたい。』

そんな気分のときに気軽に楽しめる芋焼酎だろう。
posted by imolog at 22:32| Comment(8) | TrackBack(1) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

復活の祝杯

shiranamikurage.JPG

やっとこの日がきた。

ネットの繋がりが悪くなってから数週間。

点検修理が無事に終わり復活だ。

当初予想していた落雷の影響によるモデムの不具合ではなく、

根本的なモジュラージャックのサビによる接触不良だった(恥)。

とにかくこれで安心して飲める(?)とさっそく祝杯。

「くらげ酢」を肴に「黒白波」のワンカップだ。

久しぶりに飲む「黒白波」はやはり旨い。

少々プラスティックの匂いも鼻につくが、

それはそれでワンカップらしさを楽しめる。



連休だったこの日曜日は、台風13号の接近が心配される中、

仕事関係のイベントが開催されるので家を出ることになった。

しかし心配された天気もまずまずで、朝は爽やかな青空だ。

自宅から車で2時間半。

仕事仲間の家族2台と一緒にのんびり走り、定刻前に現地到着。

さっそくイベント(実はバーベキュー)を楽しんだ。

0609171.JPG

同じく他の仕事関係者も家族連れで大勢到着。

目の前に並べられた豪勢な肉をどんどん網の上に載せてゆく。

もちろん野菜などもたくさん用意されていたのだが、

私たちのグリルの上はほとんど肉ばかり。

なんて食い意地が張っているのだろう・・・。

0609172.JPG

ところがどんどん焼きあがってゆくのだが、消費が間に合わない。

それもそのはず、サーバーで用意されたビールが最高に旨い!のだ。

食べることもほどほどに、いくらでも喉を通ってゆく生。

0609173.JPG

これはやめられない!!

もちろんセルフサービスなのだが、足取りも軽くお代わりに向かう。

その最中、私の顔はたぶんニヤケているのだ。

(マズイ・・・壊れかけている。)

実感しながらも止められない。



今、「黒白波」を飲みながらもその時を思い出し、

(また味わってみたい)

と心で願う私である。

ん!?

焼酎の話がまた違う方向に・・・(汗)
posted by imolog at 21:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

健康への挑戦・・・

kuniki.JPG

土曜は残暑厳しいながら好天に恵まれた。

そんな中挑んだ楽しい仲間とのゴルフコンペ。

朝からリラックスモードで盛り上がる。

言い訳するつもりはない・・・

言い訳できるコンディションでもない。

それにしても食事時のビールは旨かった。

本当に旨かった。。。



土曜のことは忘れるとして(笑)、

今日テレビを見ていてまた私の中の悪い虫が疼きだした。

milkrkn.JPG

某テレビ東京系で「夏休みの思い出」という感じの番組をやっていた。

沖縄地方の石垣、西表の特集だ。

私は行ったことがないが青い空と碧い海には憧れる。

そんな中で島のお父さんが飲んでいた泡盛。

健康のために毎日飲んでいるというのだが、

なんと牛乳で割っている!?

これは興味津々!

酒の種類は違うが私もやってみたくなった。

そこで写真の芋焼酎の牛乳割りなのだ。

香りは芋焼酎そのまま。

恐る恐る口をつけてみた。

まったりと柔らかな口当たり。

喉を牛乳でコーティングしているようなマイルドな感覚。

しかし芋らしい甘み、香味はちゃんと感じる。

芋焼酎をオブラートに包んだような優しい味わいだ。


意外とイケる。

本当に健康にいいのなら続けてみてもいいが・・・

その辺りはわからないので今日だけにしておこう。。。
posted by imolog at 23:28| Comment(10) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

模様替え

moyougae.JPG

また戻ってきた熱帯夜。

エアコンも復活だ。

涼しさに慣れつつあった身体が重い。

こんな日は三段活用で身体を盛り上げてゆく。

まずは風呂上りのビール(発泡酒だが・・・)でクールダウン。

そしてチュウハイで暑さを麻痺させ最後は焼酎だ。


模様替えしたオカヤドの棲家を前に満足な夜。

明日はゴルフコンペ・・・酔っ払う前に止めておこう。。。
posted by imolog at 22:32| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

貧乏舌

日曜日。

実家で身内だけの法事のあと食事に行くことに。

まだまだ残暑厳しい日中、薄暗く涼しい店内へと足を進める。

迷路・・・というよりお化け屋敷のような店内を歩き席へと案内された。

すでに時間の感覚はない。

注文するのはもちろんこれ。

6931.JPG

よく冷えた一杯が旨い!

肴の魚を頬張りながらグイグイ飲む。

暑さを忘れるこの瞬間が最高に幸せだ。

いちおうメニューで芋焼酎も見つけたのだが、

すでに飲み味わった銘柄ばかりだったので止めた。

何杯かのビールを飲み、腹が一杯になったところで〆。

・・・といってもやはり食べるのだ。

6932.JPG

この「大トロ」である。

口に入れると飯より先にトロけてゆく。

本当に柔らかい。

しかし残念ながら私は苦手なようである。

一つ食べるのが精一杯。

これ以上はビールがないと入らない。

「貧乏舌」とでも言おうか。。。

だが有意義で満足な一日であった。
posted by imolog at 22:06| Comment(10) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

夏から秋へ

suika_imo.JPG

あれ?

初めて湯割りを飲むのか??

強烈な匂いが鼻をつく。

いったいこれは・・・。

まるで目の前のサツマイモが石焼きにされているよう。

甘く香ばしい香りが部屋中に漂っている。

「吉兆宝山」。

たしかに旨かったのだが、これほどの甘みは初めて感じる。



夏の名物「スイカ」と秋の名物「サツマイモ」

季節の移り変わりを感じられる組み合わせだ。

9月にはいって急に秋らしい爽やかな気候になった。

私の心もすでに秋の行事へと移りつつある。。。
posted by imolog at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。