2006年11月30日

記念の飲み

sengame1130.JPG

明日から12月。

師走だ。

早いものである。

今年は何をしたということもなくあと一ヶ月となった。

あちこちで忘年会も始まるこの時期。

自分の体調にも気を配らなければならない。

私はすでに一つ済ませたが、まだ深酒はしていない。

それと忘年会に備えて自宅では禁酎することが多くなった。

少しは大人になったということか?

今日は11月最後の一日ということで記念(?)に注いでみた。

一口でいい気分だ。

これも日ごろの禁酎の賜物??

経済的な反面、なかなか減らない焼酎を前に

空けてしまいたい衝動にかられる。。。
posted by imolog at 22:35| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

千夜一酔

sennyaissui.JPG
『千夜一酔(せんやいっすい) 鹿児島県 田崎酒造梶x

まろやかな甘みとコクのある味わい。

喉の奥から湧き上がってくるふくよかな芋の香り。

マッタリと旨い芋焼酎だ。


販売は白鶴酒造が行っているが、造っているのは田崎酒造である。

田崎酒造といえば「千夜の夢」や「七夕」、

「鬼火」などを飲んだことがあり、私も好きな蔵元のひとつ。

初めて聞く銘柄に『ん!?』と思ったが、

製造元が田崎酒造だと知り試してみたくなった。

間違いはなかった。

自銘柄に負けず劣らずの旨い芋焼酎。

店の文句にも「店頭に並んでもすぐに売り切れる」とあった。

なるほど。

”生”でもついつい杯が進む。

それくらい飲みやすい。

ガツンとくる辛口が好きな方には少々物足りないかも知れないが、

たまにはマッタリと酔ってみたいと思ったときにいい。

これはまた旨い芋焼酎を飲ませてもらった。
posted by imolog at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

ん?外飲み!?

nonal.JPG

今日は外飲み?

いえいえ。

飲んでません。

帰りの運転がありますので。

ノンアルコール!

それよりも咳き込みがヒドイ。

血管が切れそうなほどだ。

こんな状態で飲んでいられるワケがない。

脳梗塞で倒れてしまう・・・。

結局それが一番の原因なのだ。

しかしノンアルコールといっても少しは入っているのだから

あまり勧められたものでもない。

今日はこれに満足してあとは養生するとしよう。

では。。。
posted by imolog at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

あと一ヶ月

mitakeonyado.JPG

甘〜い香りが鼻をつく。

ホクホクした芋の香り。

まさしく芋の香り。

グラスを口に近づけるとさらにそれは濃厚になる。

そしてその余韻を保ったまま口に含んだ「三岳」はまろやか。

やっぱり「三岳」は旨い!

飲めば飲むほど旨みが伝わってくる。

たとえウィルスに犯された身体でも・・・だ。



あと一ヶ月でクリスマス。

あちらこちらで華やかなクリスマスツリーが飾られている。

それを見つけた娘がツリーを出してとせがむ。

(もうそろそろいいか。)

そう思った私はダンボールの山の中から引っ張り出した。

tree06.JPG

一年ぶりに見る我が家のツリーに大興奮の二人。

場所の奪い合いをしながら飾り付けてゆく。

そんな光景を思い出しながら、

最後になった「三岳」を空ける。

今年もあと一ヶ月と少し。

早いものだなぁ。。。
posted by imolog at 22:10| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

ボーダーライン

頭にきた!

…んではなくて鼻にきた!

風邪だ。

昨日までは咳だけだったのが、

今夜の風呂上がりから急にクシャミが止まらなくなった。

鼻の奥がムズムズする。

しかしそんな状況でも芋焼酎は旨い。

今夜は身体を労って(?)湯割り。

クシャミとともに飛び出しそうになる焼酎を押さえ込み、

若干鼻で味わいながらシッカリと喉の奥にしまい込む。

いくら風邪をひいていようとも

「旨い!」と思ううちは飲むのが酔っ払い。

旨くなくても飲むようになれば中毒というのか…。

とりあえず私はまだ酔っ払いの域だな。。。
posted by imolog at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

八重桜手づくり

yaezakura_tedukuri.JPG
『八重桜手づくり(やえざくらてづくり) 宮崎県 古澤醸造(名)』

某テレビ番組で以前放映され、こちらでもご紹介した古澤醸造。

その番組の中で杜氏がゲストに対して勧めていたのがこれ。

『八重桜手づくり』である。

私が見たかぎりでは宣伝をしている様子ではなく、

本当にそのゲストに飲んでもらいたい!という気持ちを感じた。

もちろん私もその銘柄をしっかりと目に焼きつけ、

酒屋に出向くたびに探し続けた。

そしてやっと手に入れたのだ。

ずいぶん大げさに書いたが、ネットでは簡単に買える。

しかしそれでも私が酒屋で見つけたときには最後の一本だった。



栓を取ると濃厚な香りが漂う。

昔ながらの甕貯蔵を感じる香りだ。

口当たりは柔らかく、しかしズシっと圧し掛かる重さ。

喉越しもガッシリとしていて黄麹を思わせる後味だ。


古(いにしえ)を感じさせる旨み。

これが社長の言っていた蔵酵母のもたらす風味なのか。

そう考えるとまるで古澤醸造の蔵の中にいるような気分になる。

また一つ、焼酎の味わい方を勉強させてもらったようだ。
posted by imolog at 23:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

毎年恒例の・・・

今日はボウリング大会。

その前に腹ごしらえだ。

ボウリング大会といえば焼肉。

毎年恒例だ。

yocchan.JPG

焼肉といえば生ビール。

ジュワーっと脂の焼ける音を聞きながらジョッキを傾ける。

旨い!!

肉も旨いが生ビールが最高だ。

ついついジョッキに手が伸びる。

「今年は控えめにしてみよう」

そう思っていたのだが、やはり誘惑には勝てぬ。

男はいつでも誘惑に弱いのだ。

いつもと同じく3杯を空けた。

ガソリンも満タンになったところでいざ出陣。





撃沈だ。





例年どおりハズレの景品を持って帰る。

私はいつでもクジ運のない男。

来年の焼肉を楽しみに(?)また一年頑張ろう。
posted by imolog at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

焼中の解禁

解禁。

といっても中二日。

プロ野球の投手なら連投というところだろう。

だが酔っ払いにとっての中二日はシーズンオフと同じだ。

じつは先日の外飲み以来体調が悪く禁酎していた。

土曜に打ったインフルエンザの予防接種の影響か。

はたまた外飲みで飲みすぎたのか?

いや、間違いなく食べすぎだ。

日曜は夕食にオムライスをはじめツマミを頂いたあと、

二軒目で鍋を最後の雑炊まで食べたのだから。

週明けから胃がチクチク・・・というかズキズキ痛んだ。

その痛みが今日になってやっと落ち着いたのだ。

そしてそこはやはり焼中(焼酎中毒)。

痛みがなくなるとどうしても手が出てしまう。

last_joryu.JPG

最近の休日は何かと忙しく酒屋めぐりはサボっていたが、

残り少ない在庫で気持ちを紛らわせる。

新焼酎もとうとう最後だ。

敬意を表して”生”でいただく。

初めて飲んだときに比べると「若干落ち着いたかな?」という印象。

しかしこれを飲み干してしまうともう終わりだ。

じっくり味わいながらチョビチョビ口に運ぶ。

胃の痛みが再発しないことを祈りながら。。。
posted by imolog at 21:48| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

やっぱり酔っ払い

日曜日。

仕事仲間と夕方から食事。

久しぶりの外飲みだ。

真冬を思わせる寒さのあとだが生ビールが旨い。

盛り上がる会話とともにすぐ3杯が空いた。

そして勢いづいた私たちは2軒目へ。



温かみのあるいつもの店内に入ると気持ちも落ち着く。

そこで珍しく私は日本酒を飲みたい気分になった。

reishu.JPG

遠い昔に味わったような懐かしい冷酒の甘さ。

猪口と同じく透明感のある味わいは優しささえ感じる。

芋焼酎とはまた違った良さがある。

残念ながら銘柄は聞かなかったのだが、マッタリといい気分になった。

そんなマッタリ気分にピッタリなのがキムチ鍋。

滑らかな舌にピリリと刺激を与えてくれる。

kimjuti.JPG

冷酒のあとは定番の芋。

季節に合わせ湯割りをいただく。

最近は私も身体に優しい飲み方をするのだ。

たしか注文したのは「魔界への誘い」だったと思う。

決して酔いつぶれたワケではないが、記憶が定かではないのだ。

もちろん(?)味も覚えていない。

もう一度言っておくが、決して酔いつぶれたワケではない

じつはこのあと飲んだ芋の味が強烈に印象に残ったせいで

それまでの記憶が飛んでしまったのだ。

その芋とは?

残念ながら画像がない

自分でもビックリだ!

写真を撮るのを忘れていた。

といってもグラスに注がれた芋焼酎だから見ても同じか・・・

それではその銘柄とは?

じつは名前も忘れてしまった・・・

しつこいようだが、決して酔いつぶれたワケではない

ちゃんとマスターに銘柄を聞いたのだ。

しかしその5分後には忘れていた。

それは覚えている。



だが味わいは印象的だった。

35度はあろうかという濃厚な旨み。

しかしまったく角のない柔らかな甘みは忘れられない。


もう一度味わいたい芋だ。

たしか限定販売とか言っていたような・・・

こんないい加減な記憶でまためぐり合うことができるのか?



最後は雑炊で〆だ。

k_zousui.JPG

キムチの辛さに明太子がよく合う。

初めて味わう新鮮な組み合わせ。

これは旨い!

〆にふさわしい食事だった。

ぜひ自宅でも試してみよう。



この日の外飲みが効いたのか今日は胃が重い。

焼酎はもちろん、夕食も口にできない。

あぁ〜やっぱりただの酔っ払いだったのか。。。
posted by imolog at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ジンギスカン

ram06.JPG

アッサリとして柔らかくクセがない。

しかし初めて味わう風味。

それがこの肉。

炭火でジワジワ焼くが匂いに臭みもない。

これまたアッサリの醤油タレがよく合う。

私も初体験のジンギスカンだ。

ジンギスカンといえば臭さを想像していた。

だがラム肉を使用しているこの店は違った。

周りのモヤシの風味も手伝ってとても軽い。

これならいくらでも入りそう。

しかも生ビールとよく合う。

知らぬ間に3杯を空けてしまった・・・。

芋焼酎もメニューにはあったのだが手が出なかった。

しかし満足のいく食事だった。



今朝。

自分の口臭が気になった。

口臭というより腹の底からの匂い。

どうやらラム肉のようだ。

牛とはまた違う独特な匂い。

やはり曲者だったのか。

消臭剤(?)を飲んでもまるで効かない。

やられた・・・

今日一日無口な私だった。。。
posted by imolog at 22:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

芋焼酎の味わい方

mura_yuwari.JPG

先週に引き続き今週は下の娘が風邪をこじらせている。

しかしあまりに天気がいいので朝から公園へ出かけた。

午前中はアスレチックなどで身体を動かし、

弁当を用意していなかったので昼で帰宅。

私も先週からの風邪が続いている。

良くもならず悪くもならず平熱のまま鼻の奥だけが痛む。

なんともスッキリしない風邪である。

こんな夜はやはり温まるのがいい!

ということで湯割り。

幸いにも甘い香りはたっぷり感じることができる。

これがなくては芋の魅力も半減だ。

舌の上に乗ったときの甘い味わいと、

喉を通るときの鼻腔への痛いほどの刺激が好対照。


芋焼酎には季節による味わい方、

体調による味わい方がある。

もちろん、風邪持ちには風邪持ちの味わい方もあるのだ。

あぁ〜刺激的!!

湯割りが旨いと感じられる間に、

これが薬となって治ってくれればいいのだが。。。
posted by imolog at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

記念日?

kinenbi06.JPG

昨夜は食後にケーキ。

しかも夕食直後にだ。

妻曰く「デザートは別腹」というが、さすがに私の腹にはキツイ。

しかし泣く泣くお付き合いをすることにした。

なぜなら結婚記念日なのだ。

何年目?

それはいいとして・・・。

喉を潤すのはもちろん芋焼酎。

最後の一杯となった「轟の露」だ。

ケーキとの相性も慣れた(?)もの。

ちなみに私のケーキは手前の一番派手なヤツ。

私が一番乗り気じゃないか!

芋焼酎が好きなだけあって甘いものには目がないのだ。

ケーキと「轟の露」終了。
posted by imolog at 17:03| Comment(8) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。