2007年07月02日

さつま白波1.8L

shiranami1.8pack.JPG

先日、お婆ちゃんに誘われ夕飯を食べに外に出た。

じつは明日、次女の4歳の誕生日なのだ。

そのお祝いを兼ねての食事。

そこで私は生ビールを2杯いただき、食事も進んでいい気分になった。

その帰り道、お菓子を買ってあげようと言うのでスーパーへ寄った。

子どもたちは嬉しそうに駄菓子を選んでいる。

その合間に私にも何か買ってくれるというので、即酒売り場へ。

スーパーなのであまり変わった銘柄は置いていない。

そして選んだのが写真の「白波」。

私の中でこの「白波」の印象はとてもいい。

非常によく聞く銘柄ではあるが、それだけに絶妙な巧さ(旨さ?)だ。

”生”で飲んでも口当り優しく、柔らかな甘さが前面に出ている。

喉の奥から湧き出るコクも素晴らしい。


安心して飲める一本だ。

もちろん湯割りならもっと押しが強くなる。

が、決してしつこくなく旨みをたっぷり楽しめるのだ。

黒麹好きの私だが、白波に限っては白のほうが好みの味。

焼酎の旨さは値段ではない!

と胸を張って言える銘柄。

それが「白波」だろう。



次女の話は放ったらかし・・・。
posted by imolog at 21:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋焼酎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「焼酎の旨さは値段ではない!」
同感!!です。
しかし最近の焼酎は高いのが多くなり、感覚が麻痺しているところがあります。
¥2,500だと安いと思ってしまう馬鹿な私です。
Posted by Titi at 2007年07月04日 15:22
「白波は、以前と比べて飲みやすくなった、クセが無くなった」と、地元ではよく聞きます。
実際に以前のモノと飲み較べたことがないので、個人的には何とも言えないところなのですが、着実に石高を伸ばしていて、多くの人に支持されているのは間違いないようです。
Posted by ショチクレ at 2007年07月04日 22:06
>Titiさん

たしかに私も麻痺しています。
4合瓶で1,500円くらいならすでに「安い」と思っている私ですから・・・。
充分一升瓶が買える値段ですよね〜(汗)
Posted by imolog at 2007年07月04日 22:44
>ショチクレさん

飲みやすくなっているんですか!
私もこの「白波」を飲んだのがまだ最近なもので、今ごろになってこの旨さを実感しているのです。。。
それにしても常備酎としては最高ですね♪
Posted by imolog at 2007年07月04日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46471677

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。