2007年07月19日

佐藤との出会い

先日の会議のあと、洒落た居酒屋へ足を向けた。

オフィス街にあり、外観は寂びれたコンクリートのビル。

ボロイ校舎の非常階段を思わせる殺風景な階段を上り、

2F・3Fにあるその居酒屋へと到着。

入り口の格子戸を開けると中は古民家を模した造り。

そして個室へと案内された。

kokowaandoya.JPG

個室にはこれまた格子戸があり、

その隙間から白熱球の灯りが差し込む。

まずは生ビールを注文し、

話に盛り上がりながら食べ物を選ぶ。

メニューは串カツから中華風飲茶、韓国鍋まで色々だ。

ただ一つ、刺身がないのが残念だったが・・・。

それでも美味しい料理を頂きながら話が進む。

もちろん生ビールも進み、あっという間に3杯がなくなった。

そこでそろそろ違うものを頼もうとメニューを見てみると

私の心を奪う文字が現れた。

それは「佐藤」だ。

未だ私は飲んだことがない。

迷うことなく注文。

「佐藤・黒」である。

sato_kuro.glass.JPG

グラスだけなので見た目には判らないが、

間違いなく「佐藤・黒」である。

たぶん「佐藤・黒」だろう。

「佐藤・黒」・・・なんじゃないかな?

香りも楽しもうと湯割りを頼んでみた。

そしてワクワクしながら一口飲んでみた。

ん?

まぁたしかに芋焼酎らしい香りはするのだが、

特に特徴も感じられない。

適度な甘みに適度なコク。

よくありがちな味わいである。

それまでの生ビールで舌が麻痺してしまっているのか?

ありえる話である。

以前も何杯かビールを飲んだあと、

スナックで激辛わさび煎餅を食べたのだが

私には適度にわさびが利いた美味しい煎餅にしか感じなかった。

周りの皆はヒィ〜ヒィ〜いっているのに・・・だ。


そんな経験があるのだから今回も麻痺しているのかも知れない。

そしてそんなに感動もないまま「佐藤・黒」が空いてしまった。

もったいないことをした。

こんなことなら最初に飲んでおくべきだったか。

今度この店に来るときはまず「佐藤」を注文しよう。。。
posted by imolog at 22:15| Comment(2) | TrackBack(2) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

旭萬年黒麹

昨日は恒例の(?)飲み会。

ビジネス街の一角にある洒落た居酒屋へ。

焼酎ダイニングを謳うその店の入り口は純和風だ。

hairoya.JPG

玄関を入り、昔の銭湯のような下駄箱に靴を入れ鍵を抜く。

灯りの落とされた店内には週末だがカウンターの客二人だけ。

そのカウンターの向こうにはズラッと焼酎が並んでいる。

期待できそうだ。

静かな店内を横切り奥のテーブル席へ。

照明はテーブルを照らすスポットライト一つ。

やはりまずは生を貰う。

hairoya_tsuki.JPG

つきだしのアスパラ胡麻ダレ和えが旨い。

メニューもオリジナルのものが多く目でも楽しめる。

使っている野菜も新鮮でシャキシャキだ。

一通り味わって腹ごしらえしたあとは焼酎に。

芋焼酎だけでも20種類くらい揃えている。

米や麦を合わせると50種類はあるだろうか。

さすが焼酎ダイニングを謳うだけのことはある。

珍しい銘柄も多い。

そこで私が選んだのは「旭萬年」の黒麹。

asahimannen_kuro.JPG

湯割りでいただく。

やや薄い気もするが微かな甘みとコクで飲みやすい。

次は自宅で濃厚に味わいたい一本だ。

旨い肴に旨い焼酎。

その二つが揃えば満足な夜になる。
posted by imolog at 00:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

鬼火で〆

土曜は会議で出張だった。

普段は午後2時頃から行うのだが、今回は夕方4時からと遅い始まり。

それもすべて終わってからの飲み会のためだ。

県下各地区から同業者が集まり、約2時間の会議を終えると

待ってましたとばかりに夜の(夕方?)街に繰り出す。

今回は地元の方が急遽店を準備してくれ、皆でお邪魔した。

ryuzetsuran.JPG

繁華街の入り口にあるこの店、

入り口を入るとカウンターとテーブル席が並んでいて、

その間を通り抜けると奥に広い座敷がある。

店構えからは想像できないほどの広さに驚く。

テーブルの上に並んだ料理も刺身からパスタまで幅広い。

乾杯のあと、集まった20人がワイワイと話に花を咲かせる。

タップリ味わった頃、出てきたのは芋焼酎。

onibiinryuzetsu.JPG

「鬼火」である。

すっかり料理はなくなっても「鬼火」と話でもう一盛り上がり。

久しぶりに「呑んだ!」という感じだ。

気持ちよく酔ったあとはさらに一軒。

土曜の夜を有意義に楽しく過ごすことができた。

そして今夜もまた酔っている。。。
posted by imolog at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

寒いときにはコレ!?

saurus.JPG

日曜はあいにくの空模様だったが

恐竜を見に子どもたちを連れて山の中へ遊びに行った。

自宅から車で1時間の某村である。

当日の気温は20度くらいまで上がるという予報だったので

私をはじめ子どもたちは半袖1枚で出かけた。

で、いざ着いてみるとメチャ寒いではないか。

それもそのはず気温は15度を指していた。

暑がりの私でさえブルブル震えるほど。

それでも子どもたちは元気に遊んでいた。

あまりの寒さに私は鼻水を垂らしている。

どうやら風邪をひいたらしい。

そんな寒い一日を過ごしたあと(中略(笑))

地元に戻って夕飯をとることにした。

今、子どもたちがハマっているお好み焼きだ。

いつも人気があり、休日の夕方は待たないと入れない。

この日も30分以上待ってやっと入ることができた。

私は寒さで食欲がなかったので(?)生ビール。

そして子どもたちの為にお好み焼きを食べやすい大きさにする。

bote_beer.JPG

一口サイズだ。

これがまた子どもたちに人気。

ペロッと平らげてしまった・・・。

私は生ビール2杯とお好み焼きを少しつまんだ程度。

しかし満足だ。

そのまま帰って夜は湯割りで温まろうとしたのだが、

気付いたときには朝日が差していた。。。
posted by imolog at 00:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

今年初めての・・・

camp0704_.JPG

ゴールデンウイークの前半。

初めは特に何も予定がなかった。

しかし非常に天気が良さそうだったので

急遽キャンプに出かけることにした。

「こんな連休に、しかもこんな急にどこも空いていないだろう。」

そう思いながらいつも行くキャンプ場に電話してみると

あっさりOK!の返事がきた。

子どもたちは念願のキャンプとあって大喜び。

私たちは久しぶりのキャンプとあって大忙し。

今年初ということで何も準備が整っていないのだ。

必要なものを前日に買い足し、なんとか無事に出発できた。

しかしいざ到着してみると米は忘れるわ、

調味料は忘れるわで自己嫌悪の連続。

地元で追加の買出しに追われ、やっと落ち着く。

これだけは忘れずに忍ばせていたのだが。。。

last_kaido.JPG

皆が寝静まったころ、独りで静かに楽しもうと取り出した。

さすがに春の夜は冷えるので”湯割り”にする。

湯が沸いたころ、カップに「海童」を注ぐと・・・

なんとカップ半分で空になった。

中身を確認してこなかったのだ。

トホホ(死語!?)

一杯だけの侘しい湯割りをじっくり味わい、

それでもキャンプの夜を堪能することができた。

やはり外で呑む芋は格別!
posted by imolog at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

花見日和

うーん、眠い。

0704081.JPG

今日は友人たちと花見。

絶好の天気に恵まれ、家族みんなで楽しむ。

周りからも肉を焼くいい匂いがしてくる。

こちらも負けじと香りを起たせる。

外で飲むアルコールは格別だ。

久しぶりに交わす会話を肴に話が盛り上がる。

そしてすっかりいい気分になった私たちは撤収後に居酒屋へ。

そこでも生ビールから焼酎湯割り、日本酒燗と一通り楽しみ、

長かった花見の一日を終わりに近づける。

そして今はただ睡魔と闘いながら

過ぎ行く一日に幸せを感じつつ

キーボードを叩いてゆく。

眠りにつくのも時間の問題だ。

今夜はこの辺で。。。

いい夢を見よう。

posted by imolog at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

最後に巡り会えた一杯

shimauta.JPG

宴会のあとの二次会。

宴会ではビールと「いいちこ」をいただいた。

鍋を前に楽しく盛り上がる。

しかし何か物足りない。

酔っていけないのだ。

芋がないせいだろうか。

酔い潰れたいというワケではない。

気持ちのいい酔いが欲しいだけだ。



そして宴会のあとの二次会。

いつものメンバーといつもの店へ足を運ぶ。

注文したのが写真の「島唄」

名前から想像されるとおり泡盛だ。

おいおい、芋は??

じつはその日、芋のボトルを切らしたようなのでしかたなく。

それでもすぐに空けてしまい、二本目に突入か・・・

と思ったところで芋を求めて(私だけ?)次の店に行くことに。

住宅街の中の赤提灯。

カウンターだけのこじんまりした店だがヤケに落ち着く。

そこでやっと巡り会えた。

shiranami07217.JPG

何度か飲んだことのある「白波」だが、

今日ほど恋しく思ったことはない。

さっそく湯割りでいただいた。

立ち上る湯気に紛れて香る甘さ。



たまらん!!



自然に顔も緩んでくる。

まぁ飲めばいつも緩んでいるが・・・。

やさしい口当たりに改めて「白波」の旨さを感じる。

時間をかけて煮込んだおでんがまた旨い。

大根先生をいただいた。

これぞ赤提灯というコースに大満足の私。

最後に”生”で〆る。

shimauta_ki.JPG

旨い酒に旨い肴。

終わり好ければすべて好し。

酔いつぶれることもなく気持ちよく楽しめた一夜だった。
posted by imolog at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

「不ニ才」「久耀」「蛮酒の杯」一番はどれ?

yuwari_tedsukuri.JPG

旨い!

久しぶりに飲む芋。

3日ほど空けるととても恋しくなる。

3日で「久しぶり」というのは可笑しい?

しかし芋飲みにとって3日は久しいに等しいのだ。

特に禁酎していたということもない。

飲む機会というか時間がなく滞っていただけ。



先週、これまた久しぶりに外飲みの機会があった。

旨い肴をつまみながらまずは生ビール。

そして勢いづけたところで芋へ。

「不ニ才」

「久耀」

「蛮酒の杯」


・・・と順番にすべて湯割りでいただいた。

じつは私はこれらの3銘柄をまだ買ったことがない。

だからそれぞれはっきりと味は覚えていないが、

その店で飲んだ印象で一番旨い!と思ったのは

「久耀」であった。

酔っ払ったあとの私の曖昧な記憶が頼りだが、

甘み、コク、芳ばしさのバランスが良かったように思う。

次はじっくり自宅で味わってみることにしよう。
posted by imolog at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

新年会あとの飲み直し

ただいま。

新年会から帰った。

最近の私にしては早い帰宅。

理由?

朝帰りしてワインボトルで頭を殴られるのはゴメンだから。

私の場合は焼酎瓶か・・・

今頃ほかのメンバーは歌を唄っている頃だろう。

程よく酔った私は一足お先に徒歩で帰宅。

冷たく頬に刺さる空気が心地いい。

帰り着いても暖房が必要ないくらいに身体が温まっている。

そこで口直しにポテチで一杯。

tachi_pote.JPG

別に今日の酒が不味かったワケではない。

飲んだのは「黒霧島」の湯割りで旨みたっぷり。

いったい何本空けたのだろう・・・。

料理も刺身から鰻、湯豆腐、柿の葉寿司と多彩で申し分なかった。

だが、席を移りながら飲み続けていると半分も食べていないのだ。



帰り道、歩きながら空腹を覚えた。

赤提灯やネオンに後ろ髪引かれながら黙々と歩く。

そして我慢したあとの一口はたまらなく旨い。

さぁ今からじっくり独りで飲み直しだ!

いただきま〜す♪
posted by imolog at 22:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

メガマック

昨日、今年一回目の新年会があった。

仕事関係のお偉いさん方との新年会だ。

ということでさすがにカメラを構えることはできないので、

今回も残念ながら画像がない。

料理は「てっさ」に始まる河豚のフルコース(?)。

ビールからヒレ酒、焼酎にいたるまで飲み放題だ。

そして焼酎は「天孫降臨25度」。

ロックでいただいたのだが、甘さよりシッカリ感が強かった。

年末からの不摂生のせいかあまり無理が利かない。

おかげで、ほろ酔い程度のいい酒を楽しむことができた。



それで胃が活性化されたのか、今日の昼は食欲旺盛。

新聞広告で見かけた期間限定ハンバーガーにかぶりついた。

megamack.JPG

その名も「メガマック」

「メカドック」ではない。(わかる人にはわかるだろう)

広告の写真ほど大きくはなかったがボリューム満点。

これ一つで私の胃も満足だ。

しかし少々もたれぎみ・・・。

今夜も芋が旨そうだ。
posted by imolog at 21:37| Comment(6) | TrackBack(1) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

第?回忘年会

忘年会。

2度目、3度目となればもうすっかり忘れた。

そんなに今年は嫌だったのかというくらい忘年会好き。

もちろん私だけに限らず大方の人は何度も済ませただろう。

そのうちの一つが先日あった。

気の合う仕事仲間との忘年会。

風邪や今流行りのノロウィルスで欠席者はいたが、

それでも楽しく盛り上がることができた。

0612shabu.JPG

メイン料理(?)は牛しゃぶ。

大の大人が寄ってたかるとすぐ無くなってしまう。

飲むことも忘れて箸が動いていた。

私もその一人。

最近、歳のせいか飲むより食べるほうに集中してしまう。

しかも飲むのはビールがメイン。

メニューに芋焼酎がないというのが一番の理由だが。

そしてサブ(?)に回ってしまった鍋料理。

0612yose.JPG

寄せ鍋だ。

サブとはいってもさすがは鍋。

飲み続けるうちに味がしみわたり、いいアテとなるのだ。

呑み助の集まりではあったが綺麗に食べつくした。



ここだけの話、じつはこの宴会が始まる直前、

私は自宅でカレーライスを一杯食べてあった。

もちろん、泥酔予防の意味もあってだ。

しかしそれも忘れてガッついてしまった。



「食道」と名の付く宴会場だが、さすが「食の道」と思わせる。

「食道」という言葉を改めて考えさせられる旨い料理だった。

posted by imolog at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

あげまん

・・・ということで先日の外飲みを。

忘年会シーズンということでどこの店もいっぱい。

そう思って早めに予約しておいた。

tohuya1.JPG

ランプの灯りが雰囲気のある隠れ家のような店。

入り口らしい暖簾をくぐると長い石畳の廊下があり、

その先に本当の店の入り口がある。

まるで町屋作りだ。

引き戸を開けるとまず下駄箱。

しかも昔の銭湯を思わせる木の作りである。

鍵を手にして案内されたのは半地下の個室スペース。

tohuya2.JPG

天井は低く、私が立てば梁で頭を打つ。

しかしその狭さが心地いい。

貧乏性か・・・。

料理も種類が多く、なんといってもボリュームがある。

遠慮して注文したつもりが食べきれない。

私のいつもの悪いクセ。

注文だけでは満腹にならないからさらに注文する。

料理が運ばれるとテーブルに乗り切らないのが常だ。

で、飲み物だが、メニューを見て私が注文したのがこれ。

名前に惹かれてしまった芋焼酎。

ageman_tohuya.JPG

これ・・・と言っても写真ではわからないな。

湯割りだからラベルも何もない。

その名は「あげまん」

男なら誰でも(?)憧れるこの響き。

詳細はまったく調べていないので判らないが、

メニューを信用する限りでは芋焼酎らしい。

しかし飲んでみた感覚は麦のよう。

香りも口当たりも芋の柔らかな風味が感じられない。

麦と思って飲めばそれなりに旨いのだが、

芋だと思うと物足りない。

「あげまん」だと思うと満足なのだが。

最後は口直し(?)にビールを飲んでしまった。。。
posted by imolog at 15:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

ん?外飲み!?

nonal.JPG

今日は外飲み?

いえいえ。

飲んでません。

帰りの運転がありますので。

ノンアルコール!

それよりも咳き込みがヒドイ。

血管が切れそうなほどだ。

こんな状態で飲んでいられるワケがない。

脳梗塞で倒れてしまう・・・。

結局それが一番の原因なのだ。

しかしノンアルコールといっても少しは入っているのだから

あまり勧められたものでもない。

今日はこれに満足してあとは養生するとしよう。

では。。。
posted by imolog at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

毎年恒例の・・・

今日はボウリング大会。

その前に腹ごしらえだ。

ボウリング大会といえば焼肉。

毎年恒例だ。

yocchan.JPG

焼肉といえば生ビール。

ジュワーっと脂の焼ける音を聞きながらジョッキを傾ける。

旨い!!

肉も旨いが生ビールが最高だ。

ついついジョッキに手が伸びる。

「今年は控えめにしてみよう」

そう思っていたのだが、やはり誘惑には勝てぬ。

男はいつでも誘惑に弱いのだ。

いつもと同じく3杯を空けた。

ガソリンも満タンになったところでいざ出陣。





撃沈だ。





例年どおりハズレの景品を持って帰る。

私はいつでもクジ運のない男。

来年の焼肉を楽しみに(?)また一年頑張ろう。
posted by imolog at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

やっぱり酔っ払い

日曜日。

仕事仲間と夕方から食事。

久しぶりの外飲みだ。

真冬を思わせる寒さのあとだが生ビールが旨い。

盛り上がる会話とともにすぐ3杯が空いた。

そして勢いづいた私たちは2軒目へ。



温かみのあるいつもの店内に入ると気持ちも落ち着く。

そこで珍しく私は日本酒を飲みたい気分になった。

reishu.JPG

遠い昔に味わったような懐かしい冷酒の甘さ。

猪口と同じく透明感のある味わいは優しささえ感じる。

芋焼酎とはまた違った良さがある。

残念ながら銘柄は聞かなかったのだが、マッタリといい気分になった。

そんなマッタリ気分にピッタリなのがキムチ鍋。

滑らかな舌にピリリと刺激を与えてくれる。

kimjuti.JPG

冷酒のあとは定番の芋。

季節に合わせ湯割りをいただく。

最近は私も身体に優しい飲み方をするのだ。

たしか注文したのは「魔界への誘い」だったと思う。

決して酔いつぶれたワケではないが、記憶が定かではないのだ。

もちろん(?)味も覚えていない。

もう一度言っておくが、決して酔いつぶれたワケではない

じつはこのあと飲んだ芋の味が強烈に印象に残ったせいで

それまでの記憶が飛んでしまったのだ。

その芋とは?

残念ながら画像がない

自分でもビックリだ!

写真を撮るのを忘れていた。

といってもグラスに注がれた芋焼酎だから見ても同じか・・・

それではその銘柄とは?

じつは名前も忘れてしまった・・・

しつこいようだが、決して酔いつぶれたワケではない

ちゃんとマスターに銘柄を聞いたのだ。

しかしその5分後には忘れていた。

それは覚えている。



だが味わいは印象的だった。

35度はあろうかという濃厚な旨み。

しかしまったく角のない柔らかな甘みは忘れられない。


もう一度味わいたい芋だ。

たしか限定販売とか言っていたような・・・

こんないい加減な記憶でまためぐり合うことができるのか?



最後は雑炊で〆だ。

k_zousui.JPG

キムチの辛さに明太子がよく合う。

初めて味わう新鮮な組み合わせ。

これは旨い!

〆にふさわしい食事だった。

ぜひ自宅でも試してみよう。



この日の外飲みが効いたのか今日は胃が重い。

焼酎はもちろん、夕食も口にできない。

あぁ〜やっぱりただの酔っ払いだったのか。。。
posted by imolog at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ジンギスカン

ram06.JPG

アッサリとして柔らかくクセがない。

しかし初めて味わう風味。

それがこの肉。

炭火でジワジワ焼くが匂いに臭みもない。

これまたアッサリの醤油タレがよく合う。

私も初体験のジンギスカンだ。

ジンギスカンといえば臭さを想像していた。

だがラム肉を使用しているこの店は違った。

周りのモヤシの風味も手伝ってとても軽い。

これならいくらでも入りそう。

しかも生ビールとよく合う。

知らぬ間に3杯を空けてしまった・・・。

芋焼酎もメニューにはあったのだが手が出なかった。

しかし満足のいく食事だった。



今朝。

自分の口臭が気になった。

口臭というより腹の底からの匂い。

どうやらラム肉のようだ。

牛とはまた違う独特な匂い。

やはり曲者だったのか。

消臭剤(?)を飲んでもまるで効かない。

やられた・・・

今日一日無口な私だった。。。
posted by imolog at 22:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

貧乏舌

日曜日。

実家で身内だけの法事のあと食事に行くことに。

まだまだ残暑厳しい日中、薄暗く涼しい店内へと足を進める。

迷路・・・というよりお化け屋敷のような店内を歩き席へと案内された。

すでに時間の感覚はない。

注文するのはもちろんこれ。

6931.JPG

よく冷えた一杯が旨い!

肴の魚を頬張りながらグイグイ飲む。

暑さを忘れるこの瞬間が最高に幸せだ。

いちおうメニューで芋焼酎も見つけたのだが、

すでに飲み味わった銘柄ばかりだったので止めた。

何杯かのビールを飲み、腹が一杯になったところで〆。

・・・といってもやはり食べるのだ。

6932.JPG

この「大トロ」である。

口に入れると飯より先にトロけてゆく。

本当に柔らかい。

しかし残念ながら私は苦手なようである。

一つ食べるのが精一杯。

これ以上はビールがないと入らない。

「貧乏舌」とでも言おうか。。。

だが有意義で満足な一日であった。
posted by imolog at 22:06| Comment(10) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

盆の舞

NEC_0086.jpg

盆らしい行事といえば盆踊り。

ただ踊るだけではない。


昔からの風習でその一年に亡くなった人を祭っている。

そして町内会の人たちが飲み物などを振る舞ってくれるのだ。

私は踊りはしないが振る舞いだけは受ける。

決してそれが目当てなのではない。

決して…。

娘が踊る姿を眺めながらビールを口に運ぶ。

今夜も浴びるように飲んでしまった。

ビールに酔ってきた…。

今日はこれくらいにしておこう。。。
posted by imolog at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

夏はバーベキュー!?

yuzunoie.JPG

昨日は友人たちとバーベキュー。

・・・の予定だったがメンバーが少ないので急遽飲み会になった。

それが間違い(?)のもと。

昼ごろから居酒屋へ行き生ビールで乾杯。

いきなり宴会モードで肴を注文する。

やはり暑い日中から飲むビールは最高だ。

話も弾みどんどん進む。

ただ、昼間から営業している居酒屋というのは時間制限がある。

午後2時までなのだ。

それも計算のうちで、切り上げるのにちょうど良いだろうと思っていた。

ところが私がそこで終われるハズもなかった・・・

閉店の2時ギリギリまで飲んだあと、

腹ごしらえ(?)のために中華へと出向く。

そこでまた宴会を始め2時間。

その後また移動を繰り返し、結局5軒をハシゴした。

写真は4軒目の居酒屋でのこれまた生ビール。

この頃すでに午後7時。

最後はスナックで締めて自宅に着いたのは11時を回っていた。

あぁ〜よく遊んだ。

それにしても結局昨日は芋焼酎を飲むことがなかったなぁ。。。
posted by imolog at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

国生

image/imolog-2006-07-19T23:25:56-1.jpg

今、思い出した!

この「国生」は以前飲んだことがある。

今夜は久しぶりの飲み会。

信頼できる仲間と話が弾む。

弾みすぎて料理の写真を撮るのをすっかり忘れていた。

気付いたときにはすでに生ビールを三杯空けていた。

かろうじて撮ったのが写真の「国生」と一緒に写った「オバケ」。

「オバケ」とは鯨の腹の脂らしい。

「くじらベーコン」とよく似た感触。

からし酢味噌と和えて食べる。

「国生」のカラッとしたコクのある味わいにピッタリだ。

久々にゆっくり味わえる外飲みだった。
posted by imolog at 23:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 外飲み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。