2007年02月12日

今日もまた一つの別れが・・・

last_tachi.JPG

こんな日はロックで。

決してそういうつもりではない。

連日のように最後の一杯を楽しんでいるが、

今日は「橘」に順番が回ってきたようだ。

だがグラス一杯分も残っていない。

ということで氷で量を増やす。

冬に飲むロックもいいもんだ。

冬といっても日中は春を思わせる陽気でポカポカと暖かい。

つい念入りに洗車してしまった・・・。

そんな汗ばんだ昼間に比べると夜は肌寒いが、

暖房をお供にロックを傾ける。

初めて味わう「橘」のロックはキリッと締まっている。

やや風邪気味な私の鼻腔が閉じているせいか

本来の甘みは感じない。


ただ飲み易さが先行して、味わいを考えている間に空になる。

続きは次回ということで今日も一本に別れを告げた。。。
posted by imolog at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

鋭気を養う焼酎

last_kokutenshi.JPG

昨日に続き今夜は「告天子」が最後の一杯となる。

以前は飲みだすと3杯4杯が当たり前だったのだが、

自制心ができてからは(遅いって?)2杯程度。

これが芋を楽しむのにちょうどいい具合だ。

独り物思いに耽りながら飲む夜更け。

やはり焼酎は静かに飲むほうが味わいを深める。

何を想っているのか自分でもわからない。

しかしそんな無駄な時間も時には必要。

その無駄が豊かな生活へと導いてくれる。

これでまた明日から頑張れそうだ。



あっ!



明日から三連休だった。。。
posted by imolog at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

また会う日まで

last_sengame.JPG

まだ残っているなぁと思いながら

ふと見てみると残り少ない「千亀女」。

そろそろ最後の一杯かと”生”でいただく。

ずいぶん長持ちしたもんだ。

飲めば「旨い!」と感じながら持つこと約4ヶ月。

とうとう空けるときが来たようだ。

改めて・・・

まろやかなコクの中にふくよかな甘みの詰まった口当たり。

喉元を過ぎてから立ち上ってくる芳ばしい香り。


鼻の奥に残る余韻に浸っているとまたつい手が伸びる。

飲みだすと止まらない味わいに、

これが最後だと思うと寂しささえ感じる。

じっくり味わいながら飲む最後の一杯。

「千亀女」。

また会う日まで・・・。
posted by imolog at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

20度の湯割りは?

euh6090.JPG

壊れた。

凍らない。

今の季節はそう不便を感じないが、じつはそうでもないらしい。

冷凍食品が溶けてしまうのだそう。

氷を溶かすほどではないが冷凍食品が溶ける。

どうやら困っているようだ。

そこで急遽フリーザーだけ買うことにした。

90Lの大容量だ。

これで思う存分凍らせることができる。



う〜ん。



私の使い道といえば氷を作ることぐらい。

しかも今はほとんど用がない。

さてどんなものを凍らせようか・・・。

考えるだけでワクワクする(?)。

しかし今はとりあえず湯割り。

今日は20度の「橘」をさらに割る。

香りが起つということもないがほんのり甘い。

もともとがスッキリした味わいなのでさらに磨きがかかる。

・・・というより少々物足りない感じ。


私の場合、20度は”生”が一番旨い
posted by imolog at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

酔っ払いの憧れ

renshucho.JPG

ちょっとやってみようかな?と・・・

仕事帰りに本屋へ寄って買ってきた。

ボールペン字練習帳。

パソコン全盛のこの時代。

もちろんキーボードを叩いたほうが文字入力が綺麗で速い。

だが私の仕事の中には手書きの部分も残されている。

字が汚いからダメ!ということはなかったのだが、

最近綺麗な字に憧れるようになった。

身なりのきちんとした人でも字が汚いとイメージが崩れたりする。

その逆で、いい加減な人間だと思っていた人が

予想外に字が綺麗だったりすると見直してしまうこともあるのだ。


そんな「いい加減な人間」になりたいと私は考えた。

これから長い道のりになると思うが頑張ろう。

死ぬまでに一度でいい。

「綺麗な字ですね!!」

と言われてみたい♪
posted by imolog at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

静かな夜

kokuten_yuwari.JPG

久しぶりにのんびりと過ごせた今日。

めったにしない洗車もしたし気分はリフレッシュ。

夜も落ち着いてグラスを傾けることができる。

今日は「告天子」の湯割り。

やはり湯割りは香りがいい。

ほんのり甘い口当たりにキレのよい後味。

腹の底から徐々に温まってゆくのが心地よく感じられる。

年末年始と飲む機会が増え、酷使した胃には悪いが、

自宅で独り静かに飲むのはまた違った味わいがある。

何を考えるでもなく回想しながら酔いを深める。

これが私の本来の楽しみ方。

歳を重ねるにつれ時間の経過が早くなる。

そんな貴重な時間を芋焼酎のために取っておく。

これもまた大人の贅沢な時間だ。

暖炉の前で炎を眺めながらグラスを傾ける。

そんな情景をイメージしながら現実は・・・

ファンヒーターの前でパジャマのままグイッと。

見た目は違うが気分は同じ。

想像を膨らませられる静かな夜もたまにはいいもんだ。。。
posted by imolog at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

酔い恵比寿

今日は宵恵比寿。

商売をしていない私には関係ないことだが、

子どもたちにとっては祭りの日。

夜店が並んでいるだけで嬉しいのだ。

私もそんな子供の(?)一人。

じつは去年、残り恵比寿を求めて夕暮れに行ったのだが、

すでに夜店も人影もなく肩を落として帰った記憶がある。

だから今年は宵から足を運ぶことにしたのだ。

期待どおり賑やかに夜店の並んだ通りを歩き神社に入る。

そして順番待ちをして賽銭を投げ入れる。

家族全員終わったあとで子どもたちに

「何をお願いした?」と聞くと、

『ちゃんとお手伝いができますように』



・・・ま、まぁいいか。



私も偉そうなことは言えない。

必ずしも商売繁盛とは関係ないことだから・・・。

そのあと子どもたちの欲しがるものを一つずつ買い、

私は夜店に並んでいたサツマイモを見て・・・急いで帰宅。

そしてさっそく湯を沸かした。

last_s.i.JPG

やはり芋を見てしまったら止められない。

最後の一杯となった「千夜一酔」である。

相変わらず甘い香りを漂わせる。

じっくり味わいながら少しずつ冷めてゆく変化を楽しむ。

しかし冷めても喉の奥から湧き出る甘さは変わらない。

最後まで脳裏から夜店のサツマイモが離れなかった。

それほど芋本来の味を感じたということだろう。

また機会があれば味わってみたいと思った。
posted by imolog at 22:09| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

初滑り

NEC_0011.jpg


年末に降った雪のおかげで新年も何とか初滑りに成功。

とはいうものの雪はかろうじて残っている程度だ。

駐車場に着いても雪の気配がない。

ゲレンデに出て初めて銀世界(?)と対面できた。

しかし解放されているのはメインの一本だけ。

決して刺激的なコースではなかったが、準備運動にちょうどいい。

子守は妻と祖母に任せて思う存分楽しむことができた。

心地よい疲れを感じつつ帰路につく。

さぁ帰ったらダレヤメだ!



続きは下の記事へ・・・
posted by imolog at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

明けましておめでとうございます

NEC_0008.jpg


元旦の朝。

恒例のお節料理だ。

ひょっとすると去年と同じ図柄かも知れない。

お屠蘇(字は合っているのか?)をいただく。

銘柄はたしか「白…」忘れた。

酔ったせいではない。

最近、人の言葉が頭に残らない症候群なのだ。

それもこれも酒のせいかも知れないが・・・。

今日が新年(恭賀新年)だということを忘れないうちに、


明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。
posted by imolog at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

大晦日

NEC_0005.jpg


大晦日といえば年越しそば。

天麩羅が多すぎてそばが見えないが。

先日の忘年会の影響で胃が痛む。

かといって年末に禁酒できるほど意志は強くない。

今日は控えめに発泡酒で。

夜はどんどん更けてゆく。



今年も一年間お世話になりました。

このような私のブロ愚に訪れていただいてありがとうございます。

今現在、携帯しかない環境におりますので、

皆さんのブログにお邪魔させていただくことはできませんが、

この場を借りてお礼を述べさせていただきます。



来る2007年が皆さんにとって酔い…いえ、良い年になりますよう

心からお祈り申し上げます。
posted by imolog at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

カレーそば

NEC_0001.jpg


記憶がない。

楽しかったハズの昨夜の忘年会。

楽しかったのだ。

気の合う仕事仲間5人でのプチ忘年会。

鍋をつつきながら話が盛り上がる。

焼酎は麦の一升瓶が用意されていた。

さすが気の利く幹事。

写真を撮るのさえも忘れるくらい盛り上がったので、

残念ながら一枚も写真はない。

そのあとカラオケスナックへ二次会に行き、

歌で大いに盛り上がったところまでは覚えているのだが・・・

またやってしまった。

気付くとそこは自宅の布団の中だった。

噂によると三次会もあったらしいのだが、





記憶にございません。





そんな記憶喪失の私だが今日から妻の実家へ帰省。

写真はその途中のサービスエリアで食べたカレーそば。

カレーうどんやカレーラーメンは食べたことがあるが、

カレーそばというのは初めて見た。

「なんじゃこりゃ!?」と思って注文したのだ。

食べてみると確かにカレーそばである。

当たり前か・・・。

相性はどうかと思ったが意外とイケた。

これで少しは酔いも覚めるだろう。。。
posted by imolog at 17:21| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

クリスマスの夜♪

x'mas06.JPG

もうすっかり25日。

今年も残すところあと一週間だ。

しかしその前に一大(?)イベントがある。

クリスマスだ。

といっても所帯持ちの私はケーキを食べるだけ。

独身のときのようなトキメキはもうない。

家族の団欒だけだ。

しかしそれが心休まる。

そう考えるのは歳をとったせい?

それもあるかも知れない。

食後の(?)ケーキを食べたあとは少し落ち着き、

子どもたちが寝静まったあとで一杯。

s_bijin12.JPG

最近発見したワンカップの「島美人」だ。

久しぶりに寄った酒屋で見つけた。

ワンカップの一角があったのだ。

ほかにも飲んだことのない銘柄はあったが、

この「島美人」を見た瞬間手に取ってしまった。

やはり旨いものには人を惹きつける魅力がある。

私だけか・・・

久しぶりに飲む「島美人」とあって旨い!

25度ということで薄めていないせいもある。

少々プラケースの匂いはあるが、妥協できる範囲だ。

夜中に枕元で飲むにはちょうど良いサイズ。

満腹感とほろ酔いでとても気持ちいい。

このままクリスマスの夜へと溶け込んでいきそうだ。

メリークリスマス!!Zzzz
posted by imolog at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

一石二鳥?

復活だ。

二日酔いからではない。

パソコンのネット接続。

ここ半月くらい不具合が発生していた。

繋がる時もあれば繋がらない時もある。

しばらくは気にせずそのままにしておいたのだが、

この一週間はまったく繋がらなくなってしまった。

そしてNTTに電話。

さっそく朝から来てくれた。

電話線を引き直したりタンスの裏を掃除したり。

(タンスの裏の掃除は私の仕事。)

そして結局、結論はモデムだった。

最後にモデムを交換してみて解決。

私は初めからそう思っていた。

(どうしてモデムをまず換えてみないのか?)

しかし口が裂けてもそんなことは言えない。

おかげでタンスの裏も綺麗にすることができたのだ。

大掃除も兼ねて一石二鳥ではないか♪

NTTの人(名前は忘れた!)ありがとう。
posted by imolog at 14:38| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

記念の飲み

sengame1130.JPG

明日から12月。

師走だ。

早いものである。

今年は何をしたということもなくあと一ヶ月となった。

あちこちで忘年会も始まるこの時期。

自分の体調にも気を配らなければならない。

私はすでに一つ済ませたが、まだ深酒はしていない。

それと忘年会に備えて自宅では禁酎することが多くなった。

少しは大人になったということか?

今日は11月最後の一日ということで記念(?)に注いでみた。

一口でいい気分だ。

これも日ごろの禁酎の賜物??

経済的な反面、なかなか減らない焼酎を前に

空けてしまいたい衝動にかられる。。。
posted by imolog at 22:35| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

あと一ヶ月

mitakeonyado.JPG

甘〜い香りが鼻をつく。

ホクホクした芋の香り。

まさしく芋の香り。

グラスを口に近づけるとさらにそれは濃厚になる。

そしてその余韻を保ったまま口に含んだ「三岳」はまろやか。

やっぱり「三岳」は旨い!

飲めば飲むほど旨みが伝わってくる。

たとえウィルスに犯された身体でも・・・だ。



あと一ヶ月でクリスマス。

あちらこちらで華やかなクリスマスツリーが飾られている。

それを見つけた娘がツリーを出してとせがむ。

(もうそろそろいいか。)

そう思った私はダンボールの山の中から引っ張り出した。

tree06.JPG

一年ぶりに見る我が家のツリーに大興奮の二人。

場所の奪い合いをしながら飾り付けてゆく。

そんな光景を思い出しながら、

最後になった「三岳」を空ける。

今年もあと一ヶ月と少し。

早いものだなぁ。。。
posted by imolog at 22:10| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

ボーダーライン

頭にきた!

…んではなくて鼻にきた!

風邪だ。

昨日までは咳だけだったのが、

今夜の風呂上がりから急にクシャミが止まらなくなった。

鼻の奥がムズムズする。

しかしそんな状況でも芋焼酎は旨い。

今夜は身体を労って(?)湯割り。

クシャミとともに飛び出しそうになる焼酎を押さえ込み、

若干鼻で味わいながらシッカリと喉の奥にしまい込む。

いくら風邪をひいていようとも

「旨い!」と思ううちは飲むのが酔っ払い。

旨くなくても飲むようになれば中毒というのか…。

とりあえず私はまだ酔っ払いの域だな。。。
posted by imolog at 22:35| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

焼中の解禁

解禁。

といっても中二日。

プロ野球の投手なら連投というところだろう。

だが酔っ払いにとっての中二日はシーズンオフと同じだ。

じつは先日の外飲み以来体調が悪く禁酎していた。

土曜に打ったインフルエンザの予防接種の影響か。

はたまた外飲みで飲みすぎたのか?

いや、間違いなく食べすぎだ。

日曜は夕食にオムライスをはじめツマミを頂いたあと、

二軒目で鍋を最後の雑炊まで食べたのだから。

週明けから胃がチクチク・・・というかズキズキ痛んだ。

その痛みが今日になってやっと落ち着いたのだ。

そしてそこはやはり焼中(焼酎中毒)。

痛みがなくなるとどうしても手が出てしまう。

last_joryu.JPG

最近の休日は何かと忙しく酒屋めぐりはサボっていたが、

残り少ない在庫で気持ちを紛らわせる。

新焼酎もとうとう最後だ。

敬意を表して”生”でいただく。

初めて飲んだときに比べると「若干落ち着いたかな?」という印象。

しかしこれを飲み干してしまうともう終わりだ。

じっくり味わいながらチョビチョビ口に運ぶ。

胃の痛みが再発しないことを祈りながら。。。
posted by imolog at 21:48| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

芋焼酎の味わい方

mura_yuwari.JPG

先週に引き続き今週は下の娘が風邪をこじらせている。

しかしあまりに天気がいいので朝から公園へ出かけた。

午前中はアスレチックなどで身体を動かし、

弁当を用意していなかったので昼で帰宅。

私も先週からの風邪が続いている。

良くもならず悪くもならず平熱のまま鼻の奥だけが痛む。

なんともスッキリしない風邪である。

こんな夜はやはり温まるのがいい!

ということで湯割り。

幸いにも甘い香りはたっぷり感じることができる。

これがなくては芋の魅力も半減だ。

舌の上に乗ったときの甘い味わいと、

喉を通るときの鼻腔への痛いほどの刺激が好対照。


芋焼酎には季節による味わい方、

体調による味わい方がある。

もちろん、風邪持ちには風邪持ちの味わい方もあるのだ。

あぁ〜刺激的!!

湯割りが旨いと感じられる間に、

これが薬となって治ってくれればいいのだが。。。
posted by imolog at 22:20| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

記念日?

kinenbi06.JPG

昨夜は食後にケーキ。

しかも夕食直後にだ。

妻曰く「デザートは別腹」というが、さすがに私の腹にはキツイ。

しかし泣く泣くお付き合いをすることにした。

なぜなら結婚記念日なのだ。

何年目?

それはいいとして・・・。

喉を潤すのはもちろん芋焼酎。

最後の一杯となった「轟の露」だ。

ケーキとの相性も慣れた(?)もの。

ちなみに私のケーキは手前の一番派手なヤツ。

私が一番乗り気じゃないか!

芋焼酎が好きなだけあって甘いものには目がないのだ。

ケーキと「轟の露」終了。
posted by imolog at 17:03| Comment(8) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

古澤醸造

昨日、某テレビ番組を見ていた。

タレントが行き当たりばったりで訪問する番組だ。

場所は宮崎県。

何気なく見ていた。

酒蔵へと入ってゆく。

女性の杜氏が某有名タレントを見ても怪訝な顔をしていた。

現在仕込みの真最中というのがその理由だ。

その後、社長が出てきて許可を得、仕込みの最中だという蔵に入る。

昔ながらの甕壷仕込みである。

社長によると、蔵の壁や天井は絶対に手で触ってはいけないという。

それは、「蔵酵母」というものがその天井や壁に染み付いていて、

その「蔵酵母」が甕に入った焼酎に蔵独自の風味を付けるというのだ。



無知な私はその話を聞いて「なるほど!」と納得した。

それが蔵元によって味の違いを生み出している源なのだ。

そんな蔵元の焼酎を飲みたい!

そう思った私はさっそく近くの酒屋へ行ってみたのだが・・・

残念ながら私のお目当ては置いていなかった。

必ず手に入れてここでご紹介したいと思う。

furusawa.jpg
posted by imolog at 23:21| Comment(14) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。