2007年01月14日

焼肉弁当

yakiben_b.JPG

今日の夕食。

焼肉屋の焼肉弁当である。

焼肉屋へ行くのなら焼肉を食べればいいって?

ときどきこの焼肉弁当が無性に食べたくなるのだ。

たいしていい肉を使っているワケではないが、

このタレの染みこんだご飯が格別。

普通、焼肉ならビールとなるところ、

この弁当には芋焼酎も意外といける。

今日は「八重桜手づくり」を”生”で。

喉の渇きを癒すというより胃の渇きを癒す。

コッテリしたタレの風味をギュッと引き締める”生”。

ニンニクと芋が絡み合う程よい刺激が脳に満腹感を送る。

見た目は貧相だが非常に満足な夕食であった。
posted by imolog at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

今流行りの・・・

NEC_0010.jpg


あいにくの雨。

とくに予定もなくのんびり過ごす。

胃の調子もやっと戻ってきたところで名物の牡蠣である。

レンジでチンしただけの簡単な料理だが柚子をかけて食べるとじつに旨い。

素材の旨味が凝縮されている。

熱を通してもこれだけの大きさだ。

流行り好きな私だがノロウイルスだけは勘弁してほしい。

祈りながらアルコール消毒に精を出す。。。
posted by imolog at 15:40| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

爬虫類の足?

長い禁酎であった。

すっかり自宅で飲むことがなくなっていた。

・・・といっても外飲みしていたワケでもない。

外飲みに備えて控えなければという気持ちはあったのだが、

それ以前に自宅での飲欲が湧かなかったのだ。

これが身体の正常な状態なのか?

いや、慢性の酔っ払いにとっては異常なことだろう。

じつは外飲みに出てもビールだけで留めていた。

「焼酎を飲んでしまうと記憶がなくなる。」

そう私の本能が感じ取ったのかも知れない。

やっと自分を制御できるようになったのだ。

大人になった♪



そんな大人な私が先日の土曜にUSJへ行ってきた。

銀行ではない。

ユニバーサルスタジオ・ジャパンだ。

研修旅行という名目で総勢40名弱。

私の行動グループはいい歳をしたオヤジ5名。

しかし意外なほどの行動力と臨機応変な動きで

無駄な時間を使うことなく順調に観覧した。

他のグループなどはいきなり2時間強の列に並んでしまい

昼食も取れなかったという強者(?)もいたのに・・・だ。

私たちはもちろんユッタリと昼食をとり、

観覧後には空いた時間でティータイムまで取ることができた。

そして土産を買って時間どおりに集合だ。

そんな土産のひとつ。

jura.JPG

恐竜の足を眺めながら久しぶりのダレヤメ。

この足はもちろん二つあり、二人の娘への土産なのだ。

娘に足?

とは思ったが、意外にも(予想どおり?)大ウケであった。

私の狙いをわかってくれるいい娘たちだ。

今日は「八重桜手づくり」の湯割り。

濃厚な香りと喉に染み入る甘み。

久しぶりに味わう芋だが酔いより旨みを感じる。

忘れかけていた感動を呼び起こさせる味わい。

さぁ今週もまた忘年会が待っている。

今から身体を慣らしておかなければ。。。
posted by imolog at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

仲秋の名月?

今日は仲秋の名月。

・・・のハズだったのだがあいにくの曇り空。

夕方にはいったん「晴れてくるかな?」という空模様だったのだが、

風呂から出てふと思い出し外に出てみると雨が降っていた。

普通なら月を眺めながら団子を頬張る、そんな光景が見られたろう。

しかし残念ながら、帰宅した我が家に団子の姿はなかった。

あったのはミスタードーナツの空き箱だけ。

天気のせいだけではない。

この家には情緒というものがないらしい。

しかたがないので今夜もアテなしの晩酌。

kurokan_yadosha.JPG

久しぶりに飲む「黒甘露」は旨い!

もう残り少ないので”生”でチビチビやることにした。

喉の奥から溢れるように漏れてくる芳ばしい香り。

その長い余韻をジックリ堪能する。

今日でこの「黒甘露」ともお別れだ。

次に出会うお気に入りはどんなものだろう・・・

期待に胸膨らませながら最後の一滴を噛み締める。
posted by imolog at 22:07| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

牛丼祭

無性に食べたくなった。

しかも突然。

仕事の帰り道だ。

そしてとうとう念願叶って手に入れた。

といっても平日ということもあって、さして並ぶこともない。

寄るか寄らないか。

ただそれだけのことであった。

もちろん自宅に戻って芋とともに楽しむ予定だ。

yoshigyu10-4.JPG

「吉野家丼祭」

先月の限定解禁日には人だかりが凄すぎて諦めた。

やっと手に入れた「吉牛」。

今日は私の「牛丼祭」である。

「平蔵」との相性は?

そんなことを考える余裕もなくガッつく私。

ふと、今まで立ち寄った各地の吉野家の風景が

走馬灯のように浮かんでは消えてゆく。

そこまで入れ込んでいたワケではないのだが。。。

懐かしさを噛み締めながら奥の丼へと手が伸びる。

いくら並とはいえ・・・

2杯は食べすぎだ。
posted by imolog at 21:41| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

旅立ち

shinanonokuni.jpg

とても懐かしく感じる香り。

ホクホクとした石焼き芋を想像させる甘い香り。

これが「霧島」の魅力、湯割りの魅力なのだ。



あいにくの雨模様となった10月最初の日曜。

半袖シャツではすっかり肌寒く感じる。

子どもたちも鼻水を垂らしているがさすがに元気だ。

今夜は迷いなく湯割り。

昔愛読していた内田康夫の推理小説を読みながら。

ここしばらくは本を読むことを忘れていた。

きっかけは新聞の広告欄。

新刊の発売で妻の実家近くが小説の舞台となっていた。

(面白そうだし久しぶりに読んでみるか)

それが始まりだった。

それから4冊目。

読み始めるとつい時間を忘れてしまう。

飲み始めると時間を忘れる芋と同じだ。

その芋を飲みながら読む小説。

これほどいい肴はない。

微酔い気分と相まって私を物語の中心へと誘ってくれる。

今宵は「信濃の国」へ旅立つとしよう。。。
posted by imolog at 23:40| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

肴はヤドカリ!?

oka_yado.JPG

我が家に新しい仲間が増えた。

オカヤドカリである。

娘が友達の家に遊びに行って貰ってきた。

(こんなもの飼育できるのか?)

そう思った私だがオカヤドカリは雑食性なので以外に簡単そう。

しかし調べてみると天然記念物というではないか!?

本当に飼っても??

大丈夫らしい。

最初はなんとも思っていなかったのだが、

よく見てみると仕草がなかなか愛らしい。

動いている間は見ていて飽きないのだ。

昼間はほとんど眠ったままなので退屈なのだが、

私がダレヤメする頃にはボチボチ動き出す。

oka_beni.JPG

オカヤドカリを肴に一杯。

・・・といっても食すワケではない。

眺めているだけで芋焼酎が進む。

なかなかいい肴ではないか♪
posted by imolog at 23:34| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

痺れる舌

0608201.JPG

キャンプ?

いや・・・、

今日は自宅でバーベキュー。

キャンプと同様、七輪に火を熾す。

もちろんすでに私の宴会は始まっているが・・・

0608202.JPG

スーパーで買った半額セールの肉。

これを見つけたから今日のバーベキューを思い立った。

口の中で溶けるように消えてゆく肉。

そしてそのマッタリした口にビールの刺激がよく合う。

時間とともに食とビールがどんどん進み、いつしか平らげていた。

あとは灯りのもとでゆっくり過ごすだけ。

0608203.JPG

子どもたちも家の中に入り独り取り残された私だけの時間。

しし唐に当たって痺れる舌も芋焼酎は優しく包んでくれる。

・・・というより麻痺しているのか?

飛び交う蚊と闘いながら私の夜は更けてゆく。。。
posted by imolog at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

今年の初キャンプ

image/imolog-2006-07-15T23:16:52-1.jpg

今日、急遽思い立ち自宅をあとにした。

本当なら日曜と月曜での予定。

しかし天気予報は月曜の雨を表していた。

雨だと判っていてワザワザその日を選ぶ必要もない。

準備不足のまま出発した。



日中は子どもたちと川で泳ぎ、太陽に熱せられた体を冷やす。

日が沈めば満天の星空を眺めながら独り晩酌だ。

アテは七輪で焼いたソーセージ。

中から肉汁が溢れだし舌を焼きそうになる。

熱帯夜とはいえ、川沿いに吹く風は心地いい。

このまま夢の中へ滑り込んでいってしまいそうだ。。。
posted by imolog at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

誕生会

anpancake.JPG

今日は次女の3歳の誕生日。

まるで私の誕生日であるかのようにケーキの写真を独り占め。

アンパンマンケーキ。

娘が自ら選んだらしい。

最近やっとオムツを手放し始めた娘。

ケーキの上に乗ったチョコだけを食べるという。

本当にケーキにはまったく手をつけなかった。



私はといえば味覚が麻痺しつつあるせいか

焼酎さえあれば肴は何でもオッケーだ。

もちろんチョコの乗ったケーキでも問題なし。

ペロッと平らげ焼酎を味わう。

チョコだけを食べた娘は私の膝の上で戯れる。

私のTシャツにチョコをいっぱい付けながら・・・

しばらくして膝に冷たいものを感じた。

とっさに娘が吐いたのかと思った。

次の瞬間、娘が一言。

「おしっこ出た♪」

誕生会が台無しだ。。。(泣)
posted by imolog at 21:52| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

無性に・・・

無性に食べたくなった。

ガマンできなかった。

仕事帰りに買って帰った。


taikichi_kourin.JPG

「大吉」のたこ焼き。

空腹にソースの香りがたまらない。

「天孫降臨」を一口飲んで喉を潤し、

刻みネギがたっぷり入ったたこ焼きを頬張る。

旨い!!

ほんのり感じるネギの苦味が心地いい。

焼酎もどんどん進んでゆく。

すっかり食べ終わった頃、

果たして蛸が入っていたのか疑問に思った。

まったく覚えていないのだ。

酔っているのではない。

ネギの旨みが先行しすぎて・・・

「たこ焼き」だというのをスッカリ忘れていた。

まぁいいかぁ〜!

すっかり満腹になった今の私にはどうでもいいことであった。

久しぶりに食べるたこ焼き。

最高だ♪
posted by imolog at 22:13| Comment(6) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

だんご庄

ajisai06.JPG

雨上がり、紫陽花も生き生きと輝くぴかぴか(新しい)

ついでに妻の顔も生き生きと輝いているわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

今日は妻の買い物の付き合いだ。



昼前に大型ショッピングセンターに到着。

一時間ほどウィンドウショッピングをしたあと昼食。

昼食後は試着したりしながらジックリ物色していく。

最初は元気にはしゃいでいた子供達もグッド(上向き矢印)

さすがに二時間も歩き続けると口数が少なくなるバッド(下向き矢印)

なんとか買い物を終え車に戻ったときには皆グッタリだたらーっ(汗)

そこで元気を取り戻すためにお土産を買って帰ることにした。

「だんご」である。

その辺りには有名なだんご屋があるらしいのだ。

その名は「だんご庄」

私も最近初めて知ったのだが・・・

dangosho.JPG

大型ショッピングセンターから程近いところにあるこの「だんご庄」

私の想像とは違い小奇麗な店だった。

商品のほうはといえばシンプルに一種類だけ。

きなこを塗した小粒のだんごだ。

さっそく帰ってアテにすることにした。

dangosho_daima.JPG

形は悪いがモッチリとした歯ごたえ。

きなこの濃厚な甘みが「大魔王」の甘みを消して、

アッサリした味わいに変えてしまっている。

しかしあとに残った芳ばしさとの相性も悪くない。


晩酌のお供には少々無理があるかも知れないが

空腹時のアテにはピッタリだ。

今夜の食事は「だんご」になってしまいそうな気がする。。。
posted by imolog at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

わさび葉佃煮

wasabi.tsukudani.JPG

崇り!?

暴飲暴食が祟ったのか。

近頃は胃腸の調子がよくない。

そんなワケで自宅でも芋焼酎が減らないでいた。

しかし今日は友人が旅行に行った土産をくれたので一杯いただく。

「わさびの葉の佃煮」である。

見た目は黒くて味も想像できない。

しかし一口食べてみるとしっかり「わさび」だ。

例えるなら私の好物の「たこわさ」に似た味わい。

もちろん歯ごたえは違うが・・・

この「わさび」の辛さが私の味覚と胃腸に刺激を与えてくれる。

少量食べてはグイッと一口。

晩酌の供にピッタリだ。

ジワジワではあるが酔魔が私を襲う。

忘れかけていた感覚。

今夜は味わえる。。。
posted by imolog at 22:45| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

そらのくもシュー

sora_kumo_shu.JPG

午後のおやつに「そらのくも」の名物ジャンボ・シュークリーム。

その名も「そらのくもシュー」。

パイ生地のようなしっかりとした外壁(?)。

ズッシリとくる重量感。

たっぷり入ったカスタードクリームがまったりと甘い。


これで200円は驚きだ。

甘めの芋焼酎との相性もよく、どちらもよく進む。

おやつのつもりで食べたのだが一人ではさすがに量が多く、

これ一つで夕食も兼ねてしまった。

食べきったあとは満腹感でいっぱいだったのだが

今となればまた食べてみたいと感じる。

芋焼酎の魅力と同じだ。。。
posted by imolog at 23:53| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

新たな一面

hanabon_ikahry.JPG

プ〜ンと漂う(表現が悪い!?)甘い香り。

口に含んだ瞬間広がるふくよかさ。

ほんのりと甘く柔らかく落ちてゆく喉越し。


これぞ芋!

といった味わい。

”生”で飲んだときとは明らかに違う。

芋らしい芋に変身した。

湯を足すことでこんなに変わるとは信じがたい。

あれだけ私の口には合わないと感じ取ったのに・・・

今は「花雪洞」「ソフトいかフライ」と同様、

やわらかな気分に浸っている。



人も芋焼酎も同じ。

たった一面だけを見てすべてを判断してはいけないということ。

芋焼酎にはいつも勉強させられる。。。
posted by imolog at 22:56| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

和洋折衷

昨日の晴れやかな天気はどこへやら。

今日は朝から雨模様である。

そんな雨の中、妻と子どもたちは友人たちとイチゴ狩りへ。

「なにもこんな雨の日に・・・」

私は思ったが、イチゴ狩りはハウスなので問題ないらしい。

帰って見せてもらったイチゴたちは大きいのから小さいのまで様々。

あいにくの天気だったが皆楽しんできたようだ。

で、私はあとで写真に収めようと考えていたのだが

気付いたときにはもうすでに皆の腹の中だった。

私は一粒も口にしていないのに。。。

まぁ別にいいのだがもうやだ〜(悲しい顔)


外出後の夕食はありあわせの物。

pasta_oden.JPG

いくらありあわせといってもこれでいいのか??

おでんは朝から用意してあったので心の準備はできているが

なにもパスタを合わせなくても・・・

しかも箸で食えと?

だがよくよく考えてみれば「和洋折衷」だな。

ちょっと洒落てるかも♪

妙に納得しながら最後の「紅一刻」を飲む。

柔らかな風味でいつ飲んでも旨い。

そろそろ次の紅芋を探しておかないといけないな。。。
posted by imolog at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

半分になった・・・

surume_nora.JPG

ゴールデンウィークが終わったところだというのにこの気温。

日中はどうだったのかわからないが、夕方の時点で26度である。

湿度が高く朝から非常に蒸し暑い。

こんな日は夕食を軽めに済ませて早めの晩酌。

アテは定番のスルメである。

「五代」はもちろんロックで。

いい匂いが漂ったのか、写真を撮ろうと構えた瞬間

ノラが横からスルメを咥えていってしまった・・・

コラァ〜!!

あとに残ったのは半分に減った私の肴(T_T)

しかし「五代」はしっかり一人前いただく。

いや、二人前かな?

いや。。。


軽く済ませるハズが止まらない。

結局今も継続中。

いったいいつまで続くのやら。

酔っ払いの夜は長いのである。。。
posted by imolog at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

竹の子づくし

image/imolog-2006-05-03T22:24:21-1.jpg
ところ変わってここは妻の実家。

今朝6時に到着し、少し仮眠をとった後はGW初日を楽しむ。

そして夜は遇し料理だ。

他に誰も呑まないのでもちろん私のためとなる。

「黒白波」と旬の食材、竹の子づくしである。

写真では刺身がメインのように写っているが…

「黒白波」を飲むのは久しぶりだが軽やかでキレがよい。

やや甘く感じる味わいが旬の料理を引き立てる。

最高のゴールデンウイーク初日となった。

さぁ明日は何を呑もうか♪
posted by imolog at 22:24| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

尊重しあう仲

dango_bijin.JPG

酒呑みといえども甘いものには目がないのである。

甘いものが好きだからこそ芋焼酎に嵌ったのかも知れないが・・・

そこで今日は団子。

団子の中でも私の一番好きな「みたらし団子」である。

パッケージには5本入っていたのだが私の取り分はこれだけだ。

うちの家族は4人。

ん?

数が合わない。

いったい誰が???

無事に明日の朝を迎えるためにこれ以上の詮索は止めておこう。



ケーキとコーヒーを一緒に頂くとどちらも苦くなる。

甘いもの同士だとお互いを打ち消しあうからだ。

しかし芋焼酎とみたらし団子は違う。

お互いの甘さを尊重しながらお互いの良さを出している。

どちらも旨い!と思わせるのだ。

やっぱり食後は甘いものに限る♪
posted by imolog at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

白or赤?

france_pizza.JPG

今日は洋風に決めてみた。

スライスしたフランスパンの上にチーズをのせ、

オーブンで少し焦がして出来上がり。

フランス風ピザとでも言おうか。

テーブルクロスを敷いてワイングラスを並べる。

これで完璧!

まずはグラスを手に取り独りで乾杯。

一口味わってみる。


やはりピザには白が合う?

皆さんはどうだろう?




赤?




それともロゼ?




私は・・・なのである。

glass_ikko.JPG

ワイングラスで飲む芋焼酎も格別。

ピザとの相性も許容範囲で私を満足させてくれる。

BUONO!!

すでに陽気なイタリアン!?
posted by imolog at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。